2018年08月14日

米粉のロール

 パスコ(敷島製パン)のね、「ゆめちから小麦と米粉のロール」っていう商品があって、米粉って書かれると弱いもんだから、買ってね、家に置いといたりもするんだけど。

 パッケージを見るとね、「ゆめちから小麦と」が小さくて、「米粉のロール」が大きく書いてあるのよ。

 こういうのって、でかでかと書いてあるくせに米粉より小麦粉のが多かったりするけど、さすがパスコは正直者かつ誇り高いもんで、ちゃんと米粉のが多いの。だからいいの、別に。こういう表示はむしろ正しい。

 問題はね。

 でかでかと書かれた「米粉のロール」が目に入るたびにね。

 ハライチの二人の声が聞こえてきちゃうのよね。
posted by 篠田 青 at 17:13| Comment(0) | 仁食同源

2018年08月13日

試験も何にもない

 「オープニング以外」って書いたけどね、田中公平の仕事は素晴らしいと思います。ボーカル選びには学校も試験も何にもなかったんでしょう。楽しかろうな、楽しかろうな。
posted by 篠田 青 at 16:38| Comment(0) | アニメ・特撮

2018年08月12日

カニのパスタ

 ファミレスでね、結構なお子様(三歳くらいかな)が「カニのパスタがいい! カニのパスタ食べたい! カニのパスタ!」って連呼してて。

 いやあ、カニのパスタっすか。

 カニのパスタなんて、その言葉をそもそも知らなかったなあってね、しみじみ。当時は「スパゲッティ」しかなかったっていう、それだけのことなんだけどさ。

 ちっちゃい子が「スマホ」って言っててびっくりするみたいなもんで、これといったオチもないんだけどさ。

 そういえば昔、伯父さん伯母さんたちに「○○なんて言葉知ってんのか。やだねえ」みたいなこと言われたっけな。

 お盆だねえ。
タグ:お盆
posted by 篠田 青 at 19:33| Comment(0) | 日記

2018年08月11日

大当たり

 「はい、四十円」がいくらになったときだったか。

 ついにというか、思ったよりも早くというか、例のカードが現れた。

 「メロスはゾフィーだったのだ」のね。

 これでもう、この買い物の元は取れた。思ったよりも全然かっこよくない写真で驚いたけどね(笑)。

 メロスのマスクを外してるだけじゃなくって、なぜかスーツ(コスモテクター)の上腕部分も露出してるという謎の写真。まあ、顔だけだとウルトラマンとかジャック(帰ってきたウルトラマン)と見分けがつかないからね。いや、本来ならつくんですよ? とかマニアっぽい言い訳はさておき。

 いやあ、ほんと、かっこ悪いゾフィー。

 マスクも不細工だし、目は真っ黄色だし。雑誌の企画だし、メロスのときの目がそもそも真っ黄色だからっていうのもあるんだろうけどさ。こんなのゾフィーじゃないよ。

 とかいうのはまあ、今の僕の感想であって。

 子どもの頃からの「何だったんだ」の旅はこれでまた、大きな区切りを迎えました。急にですます調になるくらいのまあ、改まった感じでございます。

 「ULTRA- ACT」っていうウルトラマンのね、アクションフィギュアシリーズがあったんだけどさ。それのね、アンドロメロスが出てたのに気づくのが遅れて、手に入れられなかったことをこれまたずっと後悔してたんだけど。等身が高くって、かっこよすぎるメロスでね。理想を実現してくれるそういうアイテムもまたね、手に入れたくはあるのよ。

 でもまあ、僕にとってのメロスは、やっぱりこっちだったな。
posted by 篠田 青 at 19:12| Comment(0) | おもちゃ

2018年08月10日

妖怪のりしろさがし

 「メロス開けないの?」

 妻が繰り返し聞いてくるので、二袋目を開けてみた。そういえば引っ越しもまあ、だいぶ落ち着いたかな。

 小袋一つにカードが三枚入っていて、それが三十セット入っている箱。「20円でくじを一回引ける」というシステムだったらしく、他に大当たりの分厚い袋と、コレクションファイルが二冊。

 子どもの頃は、20円あったらそれこそダブルソーダ的な、確かなものに使うことしか考えられなかったのよね。くじ引いて三枚手に入ったとして、そのうちの一枚がナックル星人の足のアップとかだったらどうする? 最初に開けた一袋がそうだったんだけどさ。

 そういう不確かなものにお金使えなかったな、昔から。弟はくじとか好きで、屋台なんかでもくじに賭けちゃってた。同じ家で育っても、最初から違うのね。

 いつだっけな、ヨドバシマルチメディアAkibaで、ウルトラマンAが欲しくて、嘘みたいにエースだけ出なくって、二日がかりでガシャポンやったことはあったけど。

 今回のはまあ、それ以来のウルトラ大人買い。

 二袋目を開けたら、何だろうね。「はい、四十円」とか言いながら次のを開けてたね。

 「いけないよ、そんなに開けたら!」って妻が言ってたけど、開けろとかいけないよとか、ちみの基準は何かね。

 妻の制止を振り切って次の袋を開ける自分が怖い、と思う暇はなかった。

 「貼ろう貼ろう」と言いながら、カード裏面ののりしろを確認する妻の方が恐ろしくて。
posted by 篠田 青 at 09:07| Comment(0) | おもちゃ