2018年07月18日

焼きすいか蒸しパン

 勝手なすいか感を求めて冷やしてみたけれど、「冷やしておいしい」とか書いてない感じも何となく理解できた。この「すいか蒸しパン」はすいかを目指した蒸しパンではない。「スイカバー」とか「ガリガリ君梨」のような感じを狙ったものではない。

 すいかの香りに季節感を託した蒸しパン。季節を楽しむ蒸しパンである。

 すいかを乗っけた冷やし中華ではなく、すいか料理。

 スイカって片仮名で書くとまずそう。日本の夏の風物詩として扱うときに使えない。ラムネはいいんだけど。

 ええっと。

 僕は菓子パンを焼いて食べるのが好き。パナソニックのオーブントースターの「惣菜パンコース」がお気に入り。もちろん蒸しパンも焼く。

 すいか料理認定だから、すいか蒸しパンも焼こう。

 で、焼けたのがこちらでございます。

 あのすいかの香りはますます強まり、何とも不思議。

 温かいそれが鼻に、口に近づけばますます不思議。

 はむ。はむはむり。

 おお。

 実際にすいかを焼いたら、こうはいかんだろう。

 蒸しパン特有のもんわりとした柔らかさに、焼いた表面のちょっとした歯ごたえ。そしてすいかの香り。

 こういうすいかの楽しみ方もあったんですなあ。

 僕は好き。

 でも、常温では食べないっていう。
posted by 篠田 青 at 21:02| Comment(0) | 食べもの

2018年07月17日

冷やしすいか蒸しパン

 第一パンのね、「すいか蒸しパン」っていうのが目に入りまして。これが蒸しケーキだったら素通りしたかも、いや、間違いなくしたでしょう。いやしかしぼかあね(ここだけ小津安二郎風のモノラル音声でお楽しみください)、蒸しパンっていわれちゃうと弱いのです。

 正統派だろうが変わり種だろうが、蒸しパンとあらば「どれどれ」と。いやむしろ、変わり種に弱いかもしれない。数年前は神戸屋の「わらび餅+蒸しパン」シリーズ(正式名称ではない)にハマって、見かけりゃその都度買ったりしてね。最近見ないような気がするけど、まだあるのかな。

 で、すいか蒸しパン。

 すいか蒸しパン!

 しゃりしゃりしたすいかと、絶対しゃりしゃりしてない蒸しパンの、夢の組み合わせ!

 どうすんのこれ。

 よくある「冷やしておいしい」みたいな文言もない。

 試してくる。試されている。

 悩みに悩んで、冷蔵庫へ入れて待つことを選択。悩んだ割に無難な選択。すいかの要素、蒸しパンという基礎には求めようもないすいか感を温度に求めてしまったね。でも、冷やす時間を待つんだから必ずしも無難とはいえないね。

 で。

 食べてみますと。いや、食べる前にね、袋を開けた瞬間からもう、すいかの香りが強いの。香料だろうが何だろうが構いやしないの。楽しませたい感じが伝わってくるから。

 で、改めて食べてみると。あのねー、すいかのねー、味のねー、蒸しパンでねー。

 すいか味のもにゅもにゅした食べ物です。僕は好きです。もう一回買ってみちゃうくらいには。
posted by 篠田 青 at 21:31| Comment(0) | 食べもの

2018年07月16日

なまはげの取り扱い外

 飲食店に若めの男子が集まってると、やたら「クソ」って聞こえてくるんだよね。そのものをそのまま指して口にしている(はははいっそ召し上がれ)のでないにせよ、飲食店ですよと思う。

 こういうこと書いてるとさ、「そういう集団が来ないところに入ればいい」とか言ってくる賢い馬鹿な人いるよね。あれはあれで何なのって、駄目だねこういう話は。
posted by 篠田 青 at 00:44| Comment(0) | ファミレス

2018年07月15日

なまはげ出張依頼

 「う○ちは茶色だよ。う○ちは茶色だよ」

 という乳幼児(定義は何ですか)の声が、三連休の中日(ドラゴンズではない)とはいえ、23時台のファミレスに響いた。

 色んな事情はあるだろうけど、早く帰って寝かせてあげなさいな。
posted by 篠田 青 at 23:39| Comment(0) | ファミレス

2018年07月14日

ひっこしのひみつ

 きょうはきみたちに、わがやのひっこしのりゆうをとくべつに、ちょっとだけおしえよう。

 りょうどなりのこどもが、べらんだ(ただしくはばるこにー)のすきまからのぞいてくるぞ。

 かたほうのこどもはのぞくっていうかもう、やりなれたかんじではんみをしんにゅうさせて、ゆびさきがみえたとき、つまりさいしょからみてたぼくとめがあって、ゆっくりゆっくりもどっていったんだ。

 もうかたほうはあれだぞ。やっぱりさいしょからみてたぼくとめがあってすぐにひっこんで、そのあとなんどものぞきをくりかえしてきた。

 つまもおなじものを、ちがうひにもくげきしたぞ。

 こどもなんてそんなもんですよ、でいいのだろうか。

 いのししなんてそんなもんですよ、といわれたのうかのひとが、でんきさくをせっちさせてもせめられはしないだろう。

 そんなじぶんかってなことばっかあたまのなかでおもってるだけで

 まちがえた。

 ほかにもりゆうはたくさんあるけど(きいたらきっとおどろくぞ)、ぼくたちはひっこすことにしたんだ。
posted by 篠田 青 at 00:19| Comment(0) | 日々