2018年06月23日

ルバーブジャム!

 ルバーブジャムをいただいた。

 ……ルバーブ?

 と思うじゃん。調べたけど良く分からない。まあ、野菜だと思えばいいらしい。検索してちょこっと読んだだけで調べたつもりにはなりたくないけど、読みあさるほどの情熱も、かき立てられる何かもなく。

 「全部の図鑑を覚えちゃおう」と思って植物図鑑も買ったものの、まるで興味を持てなかった小学生の頃を思い出すぜ。小三の魂百まで(適当)。

 妻とあれこれ話してみたりもしたけれど、案ずるよりあれじゃん。あんずジャムならすぐ開けるじゃん。ルバーブだから悩むじゃん。開ければいいじゃん。

 ちょいと調べたところ甘酸っぱいらしいから、甘酸っぱいなら大丈夫でしょうと、トーストを用意しまして。

 食しましたところ。

 おいしい! あらおいしい。なーんだ、おいしいじゃないルバーブジャム。食べ進んでも食べ進んでも、野菜なのに甘酸っぱいっていう理屈が脳に馴染んでくれないんだけど、それで手が止まるでもなし。

 ちょこーっとね、青臭いっていうか、野菜っぽさはあるんだけど。その後にジャムらしい、でも新しい甘酸っぱさが来て。次の一口、もう一口。ぱくぱくぱく。

 初めて食べたから他のことなんて分かりゃしないけど、吉祥寺「Hamaya」(ラベル読んだだけ)のルバーブジャムの原料は「ルバーブ・砂糖・ワイン」。これだけ。ワインだからぶどうジャムの要素もあるね的な、ジャムといえば果物でしょうが子どもがまだ食ってる途中でしょうがの脳には心地よく。

 ヨーロッパの赤ちゃんはご機嫌ならばルバーブと叫ぶかしらとか考える、土曜のかぶれた昼下がり。
posted by 篠田 青 at 00:03| Comment(0) | 食べもの

2018年06月22日

自マーマレード自賛・後編

 つづき。

 はい、一週間寝かせたものがこちらでーす。みたいな気分で、手に入れてあった玄米パンをトーストしまして、瓶を開けまする。わらわじゃなかった、脱気も完璧だから、蓋もちゃーんとへこんでますよ。売ってるジャムみたい(頭悪そう)。

 ぺこっと開けまして、あらいい香り。だあれ、作ったの。あーたーちー。

 黒糖で作ったジャムなんてないからね。果物の色とか香りの純度とかが台無しだからね! でも僕黒糖党(漢字ばっかりなのに頭悪そう)だからいいの。黒糖の風味と果物の皮の素敵な出会い。

 見てくれもまあ、良くないと思われるでしょうね。ラベルはがした裸の瓶に、黒っぽーい何か。手作り感が怖い方に転んじゃう。

 でもいいの。誰のためでもない、自分のためなんだからっ。

 焼いたパンにー、多めに乗せてー、載せてって書くとまずそうー、乗せてって書けばおいしそうっていうわけでもないけどー。

 ぱくさく。

 あーっ、わーっ、きゃーっ。

 おーいしーっ。だあれー、作ったのー。

 不思議よね。作ってるときはさ、苦いの好きだからいいけど、他の人は駄目だろうなって思いながらで、瓶に詰めて。一週間寝かせておいたら、角が取れておいしくなって。

 このおいしさ、妻にもぜひ。ほら、いい香り。

 「えっ、ああ? (くんくん)あー、うんー」

 知ってた知ってた。いいんだいいんだ、自分で全部食べるの、楽しみなんだから。
posted by 篠田 青 at 01:24| Comment(0) | 食べもの

2018年06月21日

自マーマレード自賛・前編

 弟がいただいたといふ甘夏を、我も食してみむとてするなり。それの皮の、あーめんどくせえもういいや。

 ええっと、いただきものの甘夏をまたいただき孫いただき黄いただき。いいえ、もらったのは橙(だいだい)でございましてってやかましいわ。

 甘夏をね、妻が苦手だってんで独りで三つ食べまして。せっかくなんで、皮をマーマレードにしましょうかと。

 マーマレード自体は色んな柑橘のね、皮だけでっていうのを何度か作ったことがあるんですがね。甘夏だけで作るのは初めてでして。

 どれで作ってみたって、妻はそんなにっていうか、ほとんど食べない。

 寂しいようですがまあ、これはこれで、自分のため。かわいいかわいい自分のためだけに、自分の好みのマーマレードを作ればいいんですな。

 皮を短く、程よい薄さに切りまして、同じくらいの重さの黒糖と馴染ませて。気が済むまで冷蔵庫で寝かせまして。あとはそのまま、出て来た水分ごとっていうほど出やしませんが、とにかくそのまま鍋に入れて、弱火にかけて。

 時折のんびり返しながら、水を足したり、レモン汁を入れたり、とろみが欲しけりゃ種も一緒に煮たりして。

 誰のためでもないんですから種だって入れっぱなしでもいいんですが、まあそこは瓶にね、透明な、ガラスの瓶に詰めますから。一応気にしてみたりして、掘り返しながら取り除いて。だしパックとか使う人もいるようですが、まあ、そこはお好きに。

 そんな作業をね、一週間前にしまして。カレンダーに書き込んでね、冷蔵庫に入れて。あとはもう、つづくんです。
posted by 篠田 青 at 00:58| Comment(0) | 食べもの

2018年06月20日

PSVRの衝撃

 遅ればせながら、PS4を買ったのよ。VRとセットでね。

 VRVRうるせえなあ、いやうるせえなとまではいかないけど、何がそんなに違うんですかくらいに思ってたというか、VRについて特に考えることもなく生きてきたのよね。

 今回買ってみたのだって、VRヘッドセットで3D Blu-rayを見てみたいっていうのが主な理由だから。

 いやいやいやいや。

 驚いた驚いた。

 こーんなことになってたとは。

 想像もしなかったっていうか、これを想像するのは難しいよ。

 無料でダウンロードできる『THE PLAYROOM VR』っていうゲームを妻とやってみて、もう大変な盛り上がり。

 装着者はヘッドセットで、非装着者はテレビ画面で大いに楽しめる作りになってることにも感心。売ったり広めたりするためには当たり前のことだとしてもさ、凄いと思うよ、こういうの。

 二人で楽しむのが面白すぎて、一人でヘッドセットやろうってならないもん。今のところ。

 あとこれはもう壮絶な個人の感想だけど、ヘッドセットつけるとアンドロメロスっぽい気分。
posted by 篠田 青 at 12:20| Comment(0) | おもちゃ

2018年06月19日

激怒の裏で・後編

 つづき。

 デザインが断トツでかっこいいと思ってる『眠れる森の美女』のアトラクションってずっとないけど、それがまあ、ウォルト・ディズニーが思うディズニーランドなんだよな。眠れる森の美女がなくって、直立がちなプルートなどの着ぐるみたちが待ってる世界。

 「シンデレラ城ミステリー・ツアー」に『コルドロン』のホーンド・キングがああいう形で出てきたのには大満足だったけど、いなくなっちゃたし。

 とはいえ、ディズニーランドから学んだことはもう、物凄ーく多い。今でも行きたいなって思うし、凄いよ東京ディズニーリゾート。

 ファミコンにせよ東京デスティニーランド、間違えた、東京ディズニーランドにせよ、知るのがちょっと遅れて良かったなと。

 ファミコンのドット絵を大好きになる前にね、特撮とアニメのデザインについてあれこれ考えたり、こうだったらいいのになって不満を募らせたり。

 ゾイドはかっこいいけどアニメにはしてほしくない。

 トランスフォーマーはアニメの方がかっこよかったり、おもちゃの方がかっこよかったり、何だかなあ(それが結果として魅力を広げてはいるけど、それならそれでいいじゃないかっていうのは違う)。

 そこからこう、ガンダムっていうね、アニメとプラモデルの整合性を追求する世界にのめり込んでいくっていう。そしてそれ以上に、ゾイドやトランスフォーマーとは比べものにならない人間ドラマがあって。

 最後に残ったのはっていうのはちょっと違うけど、何だろうな。一番強まったのは人間そのものへの興味でね。特撮とかアニメとかおもちゃとか、そういうものの向こうに、いつも人間への興味があるんだよな。
posted by 篠田 青 at 22:21| Comment(0) | デザイン