2017年11月23日

お赤飯の日

 キャプテンじゃない方のスーパーマーケット(誰が分かるのか)に行ったら「11月23日はお赤飯の日」っていうのが目に入って驚いた。驚いたということは、初めて知ったということでありまして。検索してみたら2010年かららしいね。「お赤飯の日制定委員会」よりも立ち上げるべき委員会は山ほどあるような気がするけど、まあうーん、良くはないけどまあいいか。

 いやね、数日前に「赤飯投げる祭り」っていう見出しが目に入って、それだけでもうショックで。動画見てみたらやっぱりショッキングで。伝統とか文化はさておきっていうか、いや、さておいてはいけないっていう話も分からないではないんだけどさ。お赤飯を大事にしましょうっていう動きもあって良かったなと。

 お赤飯好きなんだよね。「ええっ、ごま塩かけていいんですか?」みたいなテンションの上がり方する。

 バンダイもしょうもない、アホみたいなデザインのシャア専用グッズばっかり作ってないで、シャア専用ご飯とかやればいいのに。日本のキャラクタービジネスって狭いよね。文化としての発信の仕方とか、やりようはいくらでもあるんだけどな。関係者の方、この記事のコメント欄か「人事のための仁術」から連絡ください。
posted by 篠田 青 at 21:12| Comment(0) | 食べもの

2017年11月22日

流行んないかなー

 「初代バルタン星人はセミ人間の改造ではない」で書いた「疑問ティックが止まらない」っていうフレーズがすんごい気に入ってるんだけど、面白いと思ってるの僕だけかな。流行ったら面白いのになー。

 こういうこと思いついたときに、僕の頭の中ですぐ「流行らないと思います。元の言い回しよりも長くなるのは本末転倒では」とか言ってくるアホの見本みたいな奴って誰なんだ。
posted by 篠田 青 at 21:06| Comment(0) | 思いつき

2017年11月21日

子どもがなりたい職業

 近くにいた(どこかの知らない)男の子が言ってた。

「ぼくね、大人になったらバンパイアになる。」

 そうすか。
posted by 篠田 青 at 20:05| Comment(0) | 日記

2017年11月20日

惰性服

 やれ真冬の気温だ年末年始の気温だ体調管理に気をつけろというので、この秋になって初めて長袖を着た。

 厚着が嫌いというか、洋服が重いのが駄目だから、機能性衣類が増えたことがとても嬉しい。テクノロジー万歳。もう過去には戻れません。

 スーツとかも、もっと何とかならないのかなあと思うんだけどね。

 ビジネスにおけるグローバリズムや慣習がどうのこうのじゃなくって、「スーツ着ときゃ大丈夫(考えなくて済む)」っていうのが重要なんだよね、結局。

 だったらもういっそ、「見た目はスーツのままなんだけど軽くて柔らかい、日本のビジネスウェア」みたいなのを規格として制定しちゃえばいいのに。日本の気候風土には合わないよ、スーツも革靴も。

 「いいスーツは着心地が違います、重さは同じでもそれはもう驚くくらいに」じゃないの。そういう話をしたいんじゃないの僕は。

 「いい靴は高いですが、結局得をします」じゃないの。そういう話じゃないの。何で靴は足の形をしてないのかとかの方が気になるの。

 日本には四季がありますとか威張ってないでさ、気候風土に合わせて、ご当地正装みたいなのがあれば面白いのに。テクノロジーと組み合わせて新たな服飾文化を創造するとか、そういうのやらないよなこの国は。

 「この国の未来をもっと面白くしたい」っていう気分の人たちはたくさんいるはずなんだけど、その人たちをもう、ジャンル不問で一箇所に集めなきゃいけないんだよね。プロ野球みたいな、日本の組織が陥りやすい構造にせず、もっともっと大きいスケールで動かさなきゃいけない。賛同する方はですね、ぜひこの記事のコメント欄か「人事のための仁術」から連絡をください。
posted by 篠田 青 at 20:03| Comment(0) | 日記

2017年11月19日

初代バルタン星人はセミ人間の改造ではない

 かもしれない。

 バルタン星人シリーズ書いてて、「怪獣図鑑を持っていない今」への疑問ティックが止まらなくなったので、講談社の『円谷ヒーロー ウルトラ怪獣全史』と『決定版 全ウルトラ怪獣完全超百科 ウルトラQ〜ウルトラマンパワード編』を買った。

 前者はどちらかといえば大人向け、後者は子ども向けって感じ。いやあ、この組み合わせは正解だったなあ。

 おっと、いかんいかん。

 正解よりも、不正解の話をせねばならんのです。

 『怪獣全史』を読んでびっくり。「初代バルタン星人はセミ人間の改造とされてきたが、新造スーツであることが分かった」というようなことが書かれているではありませんか!

 あんだけ書いたんだから動いてるセミ人間もちゃんと見ないとな、と『ウルトラQ』を見始めてはいたものの、第一話からきちんと見てしまう(なかなか第十六話に到達しない)僕のこの生真面目さよ。いやいやいやいや、違う違う違う、なぜ自分を褒めるのだ少なくとも今回は駄目だ。

 古い話だからね。記録よりも「関係者の証言」が根拠になることが多いわけで、改造とか新造って話にも色んな解釈があるだろうしで、断定すること自体が難しいんだよね、きっと。

 とはいえ。当ブログのバルタン星人シリーズも「初代バルタン星人はセミ人間の改造」という前提で書いちゃったけど、「2014年に出た本には、新造という話が載っています」という情報を追加するくらいのことはしなきゃね。
posted by 篠田 青 at 19:04| Comment(0) | デザイン