2018年10月04日

帰ってきたほん怖の検証

 つ、つづきです……。

 夏の風物詩について書いてたはずが置くとお婆、いや10月になるとは。さすがにこう、しれっと書き足すこともできず。

 ええっと。

 ええーっと。

 うん、ほん怖。ほん怖ね。

 お、面白かったよね。

 特にほら、あの話とかさ。

 背の高い女の人が竹を自宅にさ、自分よりも背が高くなっちゃってさ。

 いや、違うの。違うのよ。いいえ違います、違うんですってー。

 我ながらひでえな。

 ほん怖に限らずね、よくできたホラー、面白いホラーっていっぱいあるでしょ。日本で受けがいいのは「結局何だったんだろう」みたいな感じのが多いのかな。

 仕事柄なのか、見終わってから検証するような時間がある。映画館の帰りに友達同士でああでもないこうでもない、みたいなのとはちょこっと違う角度でね。

 ほん怖だと「恐怖幽便」を元にしたエピソードがあって、実話っぽい感じで展開される。だからこっちも一応「実話だとして」っていうスタンスで検証するんだけどさ。ドラマにする、娯楽にするっていう時点でやっぱりね、換骨奪胎、取捨選択的な、怖くて面白い映像にするための作業があるわけで。

 実話だったとしても、抜け落ちたり、付け加えられたりするってことがいっぱいあって、霊的エピソードとしてはずいぶん歪んじゃうのよね。だから結局、正確な検証なんてできなくって。

 娯楽として楽しめばそれでいいんだけど、よくできたホラーだと「お化けとは、霊現象とはそういうもんだ」と信じさせてしまうような力があって、何だろうな。「誤った常識」の元になっちゃうんだよね。そういうものを真面目に信じすぎるマニアさんにですね、こっくりさんみたいなものがくっつきまして。ややこしいことが起きたりします。
posted by 篠田 青 at 01:49| Comment(0) | 精神世界

2018年08月23日

ほん怖の検証

 今年もまた『ほんとにあった怖い話』が放送された。開始当初からずっと楽しみにしている番組で、どんな形であれ続いてくれるのはありがたい。

 そういえば、昔は自分がそういうことも仕事にするなんて夢にも思わなかったなあ。怖いエピソードを厳選して、妹の彼氏にまとめて見せて大笑いしたなあ。元気かなあ、あいつ。お化けより怖い女に捕まったりしてないかなあ。

 今では私がおじいさん。

 間違えた、ええっと、夏になると「そろそろほん怖じゃない?」と言い始める妻と二人で見るのが当たり前になっております。

 つ、つづく……。
posted by 篠田 青 at 23:05| Comment(0) | 精神世界

2018年08月22日

一等賞の正体

 「大当たり」って書いちゃったけど、何か違う名前じゃなかったっけ?

 と気になったまま何日も経ってしまった。これは良くない。こういうのは良くない。それ以上いけない。

 というわけでまた一袋、メロスのカードを開けてみた。

 するとまあ、三枚のうち一枚だけ違う向きで入っていて、「どうしたらこういうことになるんだ」と昭和の仕事について考えたのも束の間。

 同じ向きに直してから改めて三枚を検分しようと裏返しましたところ、あらあらまあまあ! 横書きテキストの上にでかでかと「一等賞」の赤い文字。縦書きのはんこでね。

 大当たりじゃなくって、一等賞だったね。

 しかしまあこれで、晴れて一等賞の分厚い袋を開けることができます(真面目)。でもその前に、妻にも見せます(真面目)。

 一等賞の袋には、通常よりも多めにカードが。

 「当たりが出たらもう一本」な氷菓とか駄菓子なんかよりも、結構なお得感。

 ただえーっと、興奮しながら開けて、あとは流れ作業で淡々と「初」と「ダブり」に分けちゃったもんだから、一等賞には何枚入ってるのかを数え忘れちゃったっていう。

 一等賞はまだあと一袋あるから、次に当たったらちゃんと数えて報告するね。

 空になった小袋も捨ててないから、それと手持ちのカードを数えれば分かるけどさ、そういうんじゃないでしょ?
posted by 篠田 青 at 23:24| Comment(0) | アニメ・特撮

2018年08月21日

読み手との温度差

 あのー、前回のサブタイトルなんですけども。

 わらび餅の「温度」と、好きすぎて両手に持って踊りたい「音頭」とを掛けた感じ、お分かりです……よね。

 つい説明したくなっちゃう書き手と、そんなことどうでもいい読み手との温度差を気にする方がね、よっぽどその、大事だとは思うんですけど。
posted by 篠田 青 at 22:54| Comment(0) | 思いつき

2018年08月20日

わらび餅音頭

 わらび餅を両手に持って、独りで盆踊ってる様子を思い浮かべていただければ幸いです。

 あのですね。

 「冷やすとより一層おいしく」的な助言があるじゃない、わらび餅。

 冷やした方がおいしいって思ったこと一度もないんだよね。

 いや、ほかの皆さんが冷やしてね、そっちのがおいしいって思ってるならそれでもう全然いいんだけど。

 積極的に食べてるわらび餅ファンの意見を知りたいなあ。物凄くってわけじゃないけど、まあまあ知りたい。

 それよりは自作の黒蜜かけた味を知りたいって方が強いね。でもほら、そうするとね、添付の黒い蜜はどうするのかとか、それならいっそ好きなきな粉もかけてみたいけどダブルで使わないとなるとダブルどうするのとか、気になることをわざわざ増やすことになるじゃん。

 そういうことはせずに、それはそれで楽しむ。そのくらいの分別はあるんですよ、ワタシ。
posted by 篠田 青 at 22:53| Comment(0) | 仁食同源