2018年07月27日

JINSのお医者さん・後編

 ちょっとつづき。

 これまでのJINS体験とあまりにも違ったというか、もはや別次元だったので、その素晴らしい店員さん(店長さんだろうか?)に聞いてみた。

 「お給料はちゃんと六倍くらいもらってるんですか?」

 もらっていないどころか、新入社員と変わらないそうだ。新入社員としては多くもらえるけど、そこからあまり上がらないんだとか。

 いいのかそれで。

 もう一度書くけど、これまでのJINS体験とは次元が違う。これまでがたまたま悪かった、たまたまそういう店員にしか当たらなかったというのは、確率論としてもおかしかろうよ。

 これはもはやお医者さんだと思えるほどの体験は、病院に行ったって保証されない。

 詳細を記すとあんまりあれだから控えるけど、眼鏡屋さんとしての経歴もなかなかな人で、仕事だから眼鏡をかけてみてるんじゃなくって、眼鏡に愛情をもっている。

 だからこそ、人と同じお給料で働けるっていうのもあるんだろうけど。

 そんなんでいいのかこの世の中。

 いや、だってね、これだけの体験で無料なのよ。

 封筒で個人的に包めば良かったかね。それがまずけりゃ、黄金色のお菓子でもさ(意味は同じ)。

 いやあ、それじゃ根本的な解決にはならんよね。

 JINSに陳情してみようか。
posted by 篠田 青 at 20:29| Comment(0) | 日々

2018年07月26日

JINSのお医者さん・前編

 JINSに行った。伊達眼鏡を買うためではない。妻の眼鏡の再調整のためである。

 どんな度なら強いのか弱いのかも分からない僕と違って、妻の眼鏡は大事なもの。顔の一部とかいうレベルを超えた必需品。表示価格のまま買おうとすると分厚いレンズになり、歪みが強くなるので、薄くしなければならない。いいお値段になる。

 その割に、快適そうに使っている印象がない。

 痛いとか落ちてくるとか、しょっちゅう言っているような気がする。

 調整するためのJINSにも、何度も付き合った。蔓の部分を温めてくにゃくにゃっとやるやつ。かけ直して、「もうちょっと」とまた直す。

 「どう?」と聞いても、いつも「うーん」みたいな感じで、またすぐに駄目になる。

 引っ越しも終わってまあまあ落ち着いたので、近くのJINSへ行ってみた。

 凄い人がいた。

 いつものくにゃくにゃをやらない。

 妻の顔を見て、眼鏡を見て、蔓を動かして、「ここの金属の輪っかがすり減ってます、たぶん」とねじを外す。片方はすり減り、もう片方はすり減りすぎて消えていた。

 「古い型だから今のパーツで合うかどうか」と言っていたけど、合うのを見つけてくれた。

 もう一度妻の顔を見て、鼻当てを違う型のものに替えてくれた。

 妻に「どう?」と聞くまでもなかった。こんなのは初めてだった。

 繁忙期の引っ越しで、各業者のろくでもない仕事を見せられてきた。

 プロがいた。プロに会えた。

 妻の喜びようを見ると、このJINSの人はもう、眼鏡屋さんを超えてお医者さんだなと思った。ちょっとつづく。
posted by 篠田 青 at 23:07| Comment(0) | 日記

2018年07月25日

アンバサだー

 「アンバサだとテンション上がるよね」と妻。カルピスは普通とのこと。

 何じゃそらと思いつつも、分かる。

 でもなあ。

 「アンバサも冷えてるよー」では成り立たないんだよな。

 って言おうにも、妻はまだアニメ映画『火垂るの墓』を見ていないのであった。
posted by 篠田 青 at 21:14| Comment(0) | ファミレス

2018年07月18日

焼きすいか蒸しパン

 勝手なすいか感を求めて冷やしてみたけれど、「冷やしておいしい」とか書いてない感じも何となく理解できた。この「すいか蒸しパン」はすいかを目指した蒸しパンではない。「スイカバー」とか「ガリガリ君梨」のような感じを狙ったものではない。

 すいかの香りに季節感を託した蒸しパン。季節を楽しむ蒸しパンである。

 すいかを乗っけた冷やし中華ではなく、すいか料理。

 スイカって片仮名で書くとまずそう。日本の夏の風物詩として扱うときに使えない。ラムネはいいんだけど。

 ええっと。

 僕は菓子パンを焼いて食べるのが好き。パナソニックのオーブントースターの「惣菜パンコース」がお気に入り。もちろん蒸しパンも焼く。

 すいか料理認定だから、すいか蒸しパンも焼こう。

 で、焼けたのがこちらでございます。

 あのすいかの香りはますます強まり、何とも不思議。

 温かいそれが鼻に、口に近づけばますます不思議。

 はむ。はむはむり。

 おお。

 実際にすいかを焼いたら、こうはいかんだろう。

 蒸しパン特有のもんわりとした柔らかさに、焼いた表面のちょっとした歯ごたえ。そしてすいかの香り。

 こういうすいかの楽しみ方もあったんですなあ。

 僕は好き。

 でも、常温では食べないっていう。
posted by 篠田 青 at 21:02| Comment(0) | 食べもの

2018年07月17日

冷やしすいか蒸しパン

 第一パンのね、「すいか蒸しパン」っていうのが目に入りまして。これが蒸しケーキだったら素通りしたかも、いや、間違いなくしたでしょう。いやしかしぼかあね(ここだけ小津安二郎風のモノラル音声でお楽しみください)、蒸しパンっていわれちゃうと弱いのです。

 正統派だろうが変わり種だろうが、蒸しパンとあらば「どれどれ」と。いやむしろ、変わり種に弱いかもしれない。数年前は神戸屋の「わらび餅+蒸しパン」シリーズ(正式名称ではない)にハマって、見かけりゃその都度買ったりしてね。最近見ないような気がするけど、まだあるのかな。

 で、すいか蒸しパン。

 すいか蒸しパン!

 しゃりしゃりしたすいかと、絶対しゃりしゃりしてない蒸しパンの、夢の組み合わせ!

 どうすんのこれ。

 よくある「冷やしておいしい」みたいな文言もない。

 試してくる。試されている。

 悩みに悩んで、冷蔵庫へ入れて待つことを選択。悩んだ割に無難な選択。すいかの要素、蒸しパンという基礎には求めようもないすいか感を温度に求めてしまったね。でも、冷やす時間を待つんだから必ずしも無難とはいえないね。

 で。

 食べてみますと。いや、食べる前にね、袋を開けた瞬間からもう、すいかの香りが強いの。香料だろうが何だろうが構いやしないの。楽しませたい感じが伝わってくるから。

 で、改めて食べてみると。あのねー、すいかのねー、味のねー、蒸しパンでねー。

 すいか味のもにゅもにゅした食べ物です。僕は好きです。もう一回買ってみちゃうくらいには。
posted by 篠田 青 at 21:31| Comment(0) | 食べもの