2017年10月08日

かす巻ってさ!

 「かす巻」って急に言われてもさ! よく分からないっていうか、イメージのしようもないよね!

 おっと、気をつけてください。今回はまとめ風のおふざけ記事ではありませんよ。「カステラってさ!」の兄弟記事みたいなもんですよ。

 弟が「カステラ巻」と一緒に、物産展的なところで買ってきてくれた藤田チェリー豆総本店の「かす巻」。チェリー豆も知らないうちから、いきなりのかす巻。

 ざらめだらけの見た目が美しく、また贅沢な逸品でございます。そのきらきらとした輝きが失われてしまうような気がして、開けないまま何日も眺めてしまいます。

 ……何だろうな、一歩間違えるとまとめ風になりそうなこの感じが怖いな。

 妻はね、僕ほど甘いもの好き(あまいものずき)じゃないんですよ。かす巻というからには、基本はカステラで、見たところあんこが巻かれていて、外側はびっしりのざらめ。この地の王アマイモン、いや甘いもの界の王様みたいなお菓子をですね、妻がおいしく食べられるようなタイミングを見計らいたいわけです。せっかく弟が、我々二人に買ってきてくれたかす巻ですから。

 で、ついにそのときがやってまいりました。

 僕一人なら恵方巻きのように食べたかもしれないけど、お行儀よく、きちんと切り分けます。甘いもの好きなら、ぜひ両端をご覧ください。断面にもざらめがたっぷりついてございます。

 見た目ほど強烈な甘さではなくて、何ならおかわりください的なおいしさ。妻はきらきらしたものが好きでつい端っこを選んでしまったものの、ざらめの味が強すぎて全体の味がよく分からず、失敗だったとのこと。「甘すぎてまずい」みたいな感想ではなかったのが地味に凄いと思います。思ったより長くなったので、次回に続きます。
posted by 篠田 青 at 23:41| Comment(0) | 食べもの

2017年10月07日

まとめの役に立たない感

 ガストとかジョナサンとか、すかいらーくグループのお店に夜遅くまでいると、Jポップの決まった曲たちがかかる時間帯が訪れる。数回経験するとそれらは「おなじみの曲たち」になってきて、知らないけど知ってる歌みたいな感じが気持ち悪くなることも出てくる。

 気になって夜も眠れない、なんて経験はありませんか? 気になったので調べてみました!

 歌詞が一部でも聞き取れれば、それで検索すればすぐに分かっちゃいます! 便利な時代ですよね!

 でも、中には「どうしても聞き取れない」とか、聞き取れたつもりでも不正確なのか、「検索してもたくさんの候補が出てきてしまう」なんてこともありますよね!

 放送元に問い合わせる方法もありますが、私はスマートフォンのアプリを使うことにしています!

 気になる音楽が流れているときに「TrackID」というアプリを起動して……と思ったら、サービスが終了していて別アプリ「Shazam」のインストールを勧められました! ソニー製のアプリだから安心して使っていたのに、意味ないですよね!

 でも私は気にせずインストールしてみました! 何事も試してみないと気が済まない性格です笑

 使い方は以前とほとんど同じなので、問題ありませんでした!

 表示されたボタンをタッチすれば、聴き取りが始まります!

 ちなみに……

 私が気になっていた曲は「おやゆびプリンセス」さんの『除雪魂』でした!

 歌詞がちょっと変わっていて、聞き取れなかったことも納得です! 調べてみるとメンバーの除籍情報なども出てきて、ちょっと悲しくなりました! でも新生したそうなので、これからが楽しみですね! 応援したくなります!

 「すかいらーくグループ」や「おやゆびプリンセス」について新しい情報が入ったら、またまとめてみたいと思います!
posted by 篠田 青 at 00:27| Comment(0) | 日記

2017年10月06日

鼻歌にかかる手間

 鼻歌を歌っていたら、妻が

「何で急にそれ歌ってんの? 何だっけ、しょうねーんざつぎだん」

と言ってきた。

 ええと、それはたぶん、帝国華撃団ですね。

 で、僕が歌っていたのは巴里華撃団の方です。
posted by 篠田 青 at 23:56| Comment(0) | 日記

2017年10月05日

どこで泣こうというのかね

 妻と『天空の城ラピュタ』を見た。妻は年金をもらっているわけでも、平成生まれでも、テレビを禁じられた家に生まれたわけでもないのだが、生まれて初めて見るラピュタ。

 僕にとってはかなり久しぶりのラピュタ。弟が大好きな作品で、少年の頃はよくというか、何度も一緒に見たんだけど、弟が少女の降ってこない空を見上げてため息をつくようになってからはあまり見なくなった。……嘘ですよ、いや嘘ではないな、まああれですよ、誇張ですよ。いや、ですから、誇張ですよ?

 久しぶりに見てみると、どう言えばいいのかな。「弟が運命の相手は空から降ってくるものだと信じるようになってしまった作品」ではなく、弟の思いが凝縮されたような作品だったのだなと感じられて。

 同じ家で兄弟として、同じ映画を見て育ったとしてもね。この言葉の響き方がどう違ったのかみたいなことが、ああそうかと、今になって分かる。そんな瞬間がやたら多くて。

 ずっとちょっと泣きそうな感じだったけど、泣きはしなかった。

 志半ばで死んだとかじゃないからね、弟。にこにこ太って生きてるから。

 いやー、具体的に書こうと思うと具体的すぎて個人情報的なことがちょっとアレなもんで、じゃあ何で書いたんだこれと思うけど何だろうな。タイトルだな。このタイトル書きたかっただけなんだろうなははは見ろ文字がゴミのようだ。
タグ:夫婦円満
posted by 篠田 青 at 01:27| Comment(0) | アニメ

2017年10月04日

センスと別れたわけではない

 別れたり、離婚したり。

 終わって良かったね、という話はたくさん聞く。

 それで「相手を選ぶセンス」が良くなったわけではない、そんなことはもう断じてないんだけど。

 まるでセンスが良くなったかのような顔をして、次の恋へと突っ走っていく人もたくさんいる。恋に恋する資格に、年齢制限なんてないのねうふふ。
posted by 篠田 青 at 23:58| Comment(0) | 精神世界