2018年04月02日

見た目がとおる

 見えないものを見えるもので制御していこうってのはナンセンスなんだけど、それを何とかやっていこうとしてるのが現代社会で。

 症状に名前をつけたり、それを告げられて(なぜか)安心するのもその一つ。

 告げられて「俺もついに」みたいなね、「一回戦から強豪校かよー」的な不戦敗気分になったりもするんだから、いいことばかりじゃないっていうか、良くて半分なんだけど。

 お互いが半分ずつ楽になれれば割といいですよねってとこか。

 伝統を笠に着ただけの儀式の存在意義もまた、そのくらいのもんなのかもしれない。

 ただね。

 霊障を儀式に委ねる場合の、双方が本質を見ようとしない、その合意の罪深さは凄まじいなと。

 闇雲に「スーツ着てこい」、「スーツも着ないで何様だ」みたいなおっさんばりの、外見だけで片づけようとする感じが凄いっす。その人が本質を発揮できる服装かどうかの方が重要なのに、俺様に会うからにはそれなりの服装でまず覚悟を見せてもらおうみたいなね、へりくだってやって来るかどうかで満足しようとする感じがもう、見えないものを見る力がゼロなんですマンかお前は。

 見えないものを見る程度に差があって、その優越感と劣等感を恐れたんだな世界は、と思う。ちょいちょい思う。

 それはまあ、見えるふりをしてる悪い奴がいて、悪い奴だから権力を握ろう、拡大しようとしたからっていうのもあるんだろうけどさ。

 「スーツは合理的じゃない」っていう時代になってきたのはちょっといいけど、中身を見ましょうってのとはまた別の話なんだよな。
posted by 篠田 青 at 02:03| Comment(0) | 精神世界

2018年04月01日

こ和い話・後編

 つづきでございます。

 さらに厄介なのは「生まれつき」って言葉。生まれつきってのはいつからを指すのかね。温かいかどうかはさておき、誰もが親の思いの下に生まれてきて。親が子に使う「生まれつき」の何とまあ、無責任なことよ。

 前編でも書いた通り、和に見せかけた輪の罠が、この国の文化にはもう、あまりにも多い。それが国や地域や家族の「全体」に寄与したからって、個人を蝕んでいい理由にはならんでしょう。

 そういう全体の無神経さというか、全体主義の横暴に対してね、「体質」とか「生まれつき」って言葉が有効な防御手段になる。なっちゃう。全体に服従させようとするだけの奴と無駄な議論をせずに済むから、便利なのよね。

 便利な部分があるからこそ、寄生が共生になる。

 治らないことが武器になる。

 体質って言葉は便利なんだよね。「そうなんだからしょうがない」っていう、控えおろう控えおろうご老公で御座候。

 無理解っていう横暴に対して、被害者を肩書きに闘う。全体主義を拒絶するようでいて、奇妙な共生関係、無意識の輪を自ら構成してしまっていることに気づけない。

 そういう環境が、霊障を育てる温床になる。

 街を歩けば、明らかに霊障だなと思われる症状に苦しんでいる人が目に入る。みんなが思っている以上に、霊障ってのは目に見えるもんなのよ。目に見えるから、医学に定義されちゃうし、そういうもんだと覚えてしまう、信じさせられてしまうだけでね。

 治りたいってことは、そこから抜け出したいと思うかどうかだから。緩和するだけの薬をもらいに行き続けることよりも、実はずっと難しい。

 それを理解した上での僕の仕事はあれだな! プロだな!
posted by 篠田 青 at 01:13| Comment(0) | 精神世界

2018年03月31日

こ和い話・中編

 つづきだよ! ……いや、たまには元気よくと思って。

 「いい子だいい子だ」は「物わかりのいい子」だったりするでしょ。心の中に「黙って従う習慣」が作られると、霊障を受け入れやすい体質になる。普通ならちょこちょこ入れ替わるような小さな生き霊が、長く居座るようになる。

 ホテルみたいだね。あ、ホテル住まいの人の悪口じゃないよ。でもうん、ホテルみたいなもんだと思うのもいいかもしれないね。すぐにまた、誰もいなかったみたいになる。

 「一時的なアレルギー症状」ってあるでしょ。霊障ってのはまあ、基本的にはああいうもんで。変なお客さん、はしゃぎ過ぎなお客さんも来るけど、家財道具を持ち込んで暮らし始めるわけではない。いつかは「やっぱり自分の家が一番だ」と帰っていく。

 だけどまあ、たまーにね、帰らない奴が出てきちゃう。他人の身体は他人のものなのに、定住する。異物が定住するってことは、違和感が違和感のまま定着してしまうということでね。これが「慢性」の症状になる。

 これはしんどい。異物感、違和感が続くんだから。強弱の問題じゃないんだよね。ストレスがずっとあるってことだから。あんまりにもしんどいから、「こういうもんだと受け入れちゃう方がいい」って気分が生まれる。本人だけならまだしも、何かそういうアドバイスをしてくるアホも湧いてくる。

 「試練」なんて言い方(を好む連中)も存在するけど、お馴染み「巣箱」的な心が招いている部分ってのが必ずある。だから、「悪いことは何もしてない」100%の被害者なんていない。

 それをただ受け入れた方がいいなんてことは、断じてない。そんなものが「和の心」であるわけがない。

 次回に続かないわけがない。
posted by 篠田 青 at 00:15| Comment(0) | 精神世界

2018年03月30日

こ和い話・前編

 人と人とが生きていく上で、「概ね都合のいい仕組み」が採用されていく。それが続けば伝統やしきたり、信仰になったりする。

 「最初はただの都合だった」が忘れられて、形だけが受け継がれていく。「ルールだから」とか「そういう決まりなの」って言う方が便利だからね。すぐ始めさせられるし。

 民主主義と同じで、大勢のためのルールが合わない人、そのことで苦しむ人がいる。

 一人に対して「あんたのせいで、みんなが迷惑しとるんじゃ」って大勢で言いに来るけど、そのエネルギーを例えば国に対して「戦争のせいで、みんながどんどん死んでいくんじゃ」と向けたりは絶対にしないよね、あの人たち。

 あれ? 何の話だっけ。

 ええっと、そうそう。

 地域や集団を守るためのルールがあって、それを支えるために育つ信仰ってのもあるのよ。神様の名を借りるっていうか、捏造するんだよね。神様の形を作れば、そこに入ってくれるこっくりたんなんていくらでもいるし。歴史や伝統なんて、怪しいもんなのよ。

 物心つく前に「何となくそういうものだと覚えさせられる」ことは多い。理由を説明できない大人ばかりだと、理由を尋ねることが悪になる。

 「お母さんはあなたのためを思って言ってるのよ!」もそう。

 結果として目指すべき「和」が、最初から縛っておくための「輪」にすり替わったまま、ありがたそうに担がれるなんてことはもう、しょっちゅうある。

 次回につづくこともしょっちゅうある。
posted by 篠田 青 at 01:23| Comment(0) | 精神世界

2018年03月29日

視覚と資格の死角・後編

 つづきでござる。いやあ、霊の話から恐竜の話になるなんてねえ。どうすんだろねえ。

 僕ね、古生物学者になりたいって思ってたんだけどさ、少年の頃。なれなかっただろうなっていうか、なれてなくて当然だなと。知識とも呼べないような、本だけ読んでね。コレクターというか、オタクというか。切り拓いていく感じがなかったもん。

 昔からの「非科学的なものは信じない」とか、最近なら「病院へGoです」みたいな言い方ってあるじゃない。自分で考えてない。誰かの知恵や経験を、極めて部分的に借りてるだけ。根拠なく否定し、根拠なく勧める。しかも上から目線。おぬしは何を知っとるんじゃい。無意識の権威主義って恐ろしいよ、門徒ちゃん。

 見えないものを見せてくれる映画や漫画によって、霊能力とは「見えるもの」だと、視覚的に覚えてしまうっていう。これはもう、物凄く強烈な体験で。ほとんど刷り込まれちゃうんだよね。「見えるか見えないか」っていう基準を。

 ブルース・リーが教えてくれたじゃん、「考えるな、感じろ」って。これも微妙なのか、今の時代は。いや、僕もそこまで世代じゃないんだけどさ。

 感じるってことは、見える(私にも敵が)とは限らないわけで。「霊を聴く」、「霊を嗅ぎ分ける」ってこともあるわけよ。それが分からんのです、偉い人にも偉くない人にも。なのにみんな偉いつもりでいるという。みんなっていうか、偉いつもりの奴の声が大きいんだろうけどね。

 これまた前にも書いたけど、マニアほど情報をね、視覚でかき集めて、読みあさるじゃない。信じるジャンルや度合いは少数派なのに、証拠で資格を論じたがるあたりは多数派で。目先の賢さばかりを争うんだから、視覚に囚われてるんだけど、気づかない。

 大事なのは、問題が解決か、改善すること。原因が分かって、再発を防げること。本物に見えるかどうかじゃないのにね。
posted by 篠田 青 at 15:00| Comment(0) | 精神世界