2017年12月03日

妻の学び、僕の学び

 『決定版 全ウルトラ怪獣完全超百科 ウルトラQ〜ウルトラマンパワード編』を開いて、ケムジラを探す妻を見た。我が家の平和を実感しかけたが、

 「何だこの本! 索引がないのかー! 索引がないなんてどうすればいいんだまったく」
とお怒りで、目から鱗が落ちる思いでございました。

 この本を開いたときの僕の感想は「私、みんな知っていたな」。知らない名前がなかったことに、我ながら驚いたというか。だからこそ、当たり前のようにスノーゴンだケムジラだと、怪獣や宇宙人の名前から始まる会話を量産してしまう(し、ブログにも書く)。

 ブログの読者、いや親愛なる真面目な読者諸氏でございますれば、謎のカタカナを選択して検索するとか、真面目な顔で「モットクレロン」と音声検索するとかでまあ、スマートに解決するのでしょう。

 だけど妻はきっと「うちにはいい本があるんだった」と思って、それを活用すること、あの本を手にとって調べることを楽しみに、それはそれは楽しみに帰宅するわけです。

 手がかりが怪獣の名前だけ。そんなきっかけは当たり前に、いやまあ、我が家には少なくともね、ありますから。

 索引がなきゃ駄目ですよ。

 「そういう用途であれば別の本を買うべきです」みたいなマニア目線なんか、何の役にも立たない。

 知りたいっていう妻の気持ちに応えられないで、何が「完全超百科」なもんか!

 もうあれか、電子書籍を買えばいいのか! 誰だ「それならWeb検索でいいのでは」とか言ってるのは僕はそんな話はしたくないんだそんなことも分からずに賢いですみたいな顔をしてんじゃないよ妻との時間の質の話をしてるんだよおたんこなす。

 てれびくん編集部の『ウルトラ怪獣大全集』あたりならすっと出てくるのか、怪獣の名前で検索できるのか? 古い本の電子化だからそこまでできないか? 何だ、知りたければ買ってみろっていうのか?

 もう買ってあるよ!
posted by 篠田 青 at 01:07| Comment(0) | 日記

2017年12月02日

目くじらは潮吹かない

 左目の下まぶたが痙攣して、何となく「目くじら立てる」という言葉が浮かんだ。

 目くじら。そういえば何だ、目くじらって。バードンの餌か。あ、ケムジラっていう怪獣がいて、『ウルトラマンタロウ』に出てくるんですけどね。

 まあまあ、そうケムジラ立てないでもいいじゃないかキミ。わはははは。

 あら何ですか、ウルトラネタが多すぎますか? やめませんよ僕。この後ちゃんとやるんですから。

 毎度お馴染み、妻にも通じない行き場のない思いつきを楽しんだところで、はい広辞苑広辞苑。

 第六版、調べてびっくり。

 「目の端。目角(めかど)。めくじり。」

 めくじり! 目尻か! そっから来てるのかめくじら!

 めくじりも立てるんだったら「めくじら」にした方が雰囲気出るから転じたのかしら。目尻はできれば下げたいもんね。いや、知らんけど。

 知らんけど、いやいやはやはや、驚いた。

 目くじら調べて、めくじりなんて言葉に出会うとはねえ。
posted by 篠田 青 at 21:35| Comment(0) | 思いつき

2017年12月01日

VAIOとDisney 2 すてきなくみあわせ

 何が『ジャファーの逆襲』だよ。おねだり上手な悪友にそそのかされてレーザーディスク買っちゃったのを今でも後悔してるよ。末っ子は嫌いだ、図々しいから!

 さあ、色んな意味で前回のつづきっぽくなってまいりました。

 VAIOっていうブランドを新しくファンシーにしていきたいのか、取りこぼしてる層がちょうど「ディズニーグッズを欲している層」なのか、何か権利関係の契約で余ったのを使ってみてるだけなのか。スパイダーマンとアベンジャーズみたいにディズニーと仲良くしてるのか。その辺は分かりませんけど。

 さすがVAIO、さすがソニーストアっていうセンスをね、ディズニーっていう見慣れたコラボレーションでこそ見せて欲しいというか、見せてやる絶好の機会でしょうにというか。

 単純に『眠れる森の美女』なら買うのにな、と思う。あの、ウォルト不在ならではのクールなデザインワーク! 幼少の頃に衝撃を受けたもんね。子どもでも分かるあの違い。VAIOの金属感、硬質さ、歴史の厚みにぴったりだと思いますがどうですか! 売れませんか、ビッグデータが証明してますかそうですか!

 だったら『ピノキオ』のフィガロ(猫)やクレオ(金魚)はどうですか! かっこいいのにかわいいっていう、今のディズニーには出せてないラインですけどビッグデータは何とおっしゃってますかピーピーガーガー戦争よ戦争よ火の鳥未来編よ。

 深く考えてなさそうなコラボ商品について、こんなに考えて時間を費やすことが不毛だってことに今気づいちゃったよパトラッシュ。お前は不毛じゃないねもふもふだね僕何だかとても眠いんださあソリを引いておくれ、あれもう誰か乗ってるぞ赤い服のおじいさんそういやもう12月ですもんねえアメリカばんざいコカコーラ、サンタ赤けりゃりんごも赤い、僕もうMacBook買ってステッカー貼りまくるよパトラッシュ。
posted by 篠田 青 at 00:06| Comment(0) | デザイン

2017年11月30日

VAIOとDisney

 「VAIOユーザーになるしかない」と思っていた割に、今日に至るまでVAIOユーザーではない僕。でも、妻が十年以上もVAIO type Z を使い続けているし、メンテナンス担当は僕なので、VAIOと聞けばやはり他人事ではないのでございます。

 そんなわけで、本日話題にしたいのは「VAIOレジスタードマーク S Line Disneyキャラクターデザインモデル」

 ソニーじゃなくなったVAIOだけど、こちらはソニーストアのみの取り扱いモデル。期待も高まります。

 ミッキー&ミニー!

 くまのプーさん!

 アナと雪の女王!

 みーんな大好き、ディズニーキャラクター勢揃い!

 アホかーっ!!

 「VAIOに興味ない人を振り向かせたい」っていう企画意図だとしてもね、こういうことやっちゃ駄目でしょ。ウォークマンとは大きさも違うんだよ、VAIOなんだよ。ソニーストアらしさ、VAIOらしさが全然ないよ。こんなさ、スマホカバーみたいなのやっちゃいけなかったんだよ! そんなことも分からないから、大人って地球だって平気で消せ、けせけせ、ケーセラーセラーなるようにーなるー、ママーっ、ママーっ。

 ……ふう。無駄な取り乱しでヘンケンおっと危ない、偏見を招いて発言の根本を揺るがしかねないところを一般教養でうまくかわしたぞ。

 VAIOが選ぶ、ソニーストアが選ぶディズニーのキャラクター、ディズニーのデザインっていうものがあるでしょう。それが結局、「ここにしかない」コラボレーションになるんだと思うんだけど。

 つづくと思うんだけどこのネタも。
posted by 篠田 青 at 22:03| Comment(0) | デザイン