2018年06月09日

ゾイドの魅力ってね・中編

 つづきだよおお。

 はい皆さん、おもちゃ売り場に戻ってください。両手にそれぞれ違うゾイドの箱を持って、共和国と帝国のをね、そうそう、そうです。

 だいたいこう、ライバル機っていうのが設定されてるのよね。「帝国のあのゾイドに苦戦を強いられた共和国が、満を持して投入したのがこのゾイドである」みたいな。

 トランスフォーマーなんかでもそうだけど、悪役ってかっこいいのよね。「ゴドスに対してイグアンはちょっとずるくないですかああああ」とかね、そういう思いを何度したことか。

 あ、分からない? 「ガンダムよりザクのが好き」とか「ザクのがかっこいい」みたいなね、あるでしょ。そういうのがあるんですよ、おもちゃの世界には。

 トランスフォーマーなら「サイバトロンは空を飛べない」みたいな。大人になって実写映画なんかでね、アメリカでの呼称が急に入ってきて、「あ、だからオートボットっていうのか! じゃあ何だったんだサイバトロンって返せあの頃の思い出を変だと思ったんだよデストロンって仮面ライダーV3でも出てくるし父よ母よ妹よって歌はかっこいいんだけどカメバズーカにハサミジャガーなんだよな」っていう。

 ええと。

 そんなこんなでですね、「共和国の方がかっこいい」という理由付けを行う、大変重要な場でもあったわけです、おもちゃ売り場というのは。

 かっこいいんだけどね。かっこいいんだけど、色合いとかも含めて、悪役面は悪役面だったりして、それが何となく受け入れられなくってね。「よし、僕はやっぱり共和国!」っていう気分で帝国ゾイドを元に戻す。

 ただもう、何を持って帰るか。どの箱を眺めながら帰りの電車に乗るかっていう。つづくっていう。
posted by 篠田 青 at 01:35| Comment(0) | おもちゃ

2018年06月08日

ゾイドの魅力ってね・前編

 前回も書いたというか、ちょこちょこ書いてるけど、僕は初期ゾイドのファンだったわけよね。それがどういうことかっていうのを、言葉だけで説明するのが難しいんだな。画力とか現物とか写真とかあればいいんだけど、僕にはそれらがないわけで。

 当時のゾイドってね、もうほんと、おもちゃだけで魅力的だったのよ。雑誌でのジオラマ連載みたいなのとか、ストーリー性を補うような展開もあったけど、そんなの追ってなかった。

 おもちゃ売り場に行って、ずらーっと並んでる箱を眺める。目当てのやつがあればそれを手にとってすぐレジへ、とかじゃないの。売り場の光景を日本庭園のように眺めて、「ああ、これがもう全部さあ、もしか(子ども語)自分の家に全部あったらどうしようかねえ」と悩む。

 欲しいのも欲しくないのも手にとって、ああ、そうそう!

 ゾイドってね、共和国と帝国っていう対決なのよ。初期の初期はね。うちでは僕が共和国を買って、弟が帝国を買うという決まりで。いや、決まりっていうか、僕が決めたんだけど。うちで並べるときにね、所有者や所属がだらしなーい感じになるのが嫌だったのよ。

 ゾイドに限らず、何でもそうやって分けてたなあ。トランスフォーマーもガンダムも。それをまたね、弟が破るんだ。僕がいないときに。「だって買ってくれたんだもん」とか言って。今考えると、いやまあ、当時でも我ながらナンセンスなルールだと思う部分はあったちゃああったけど。

 上の子が圧政を敷くとあれなの? 下の子は既成事実で対抗しようとするもんなの? そういえば弟だけじゃないな妹もあのときぐああ頭痛い頭痛い、あだまいだいよおおおおつづくよおおお
posted by 篠田 青 at 01:06| Comment(0) | おもちゃ

2018年06月07日

妻にゾイドを教えたくとも

 「嫌がる妻に無理矢理ゾイドの情報をぐいぐいぐいぐい、ぐいぐいと」というような話ではなく、僕がゾイドゾイド言ってると、「ゾイドとは何かね」と聞いてきたり、聞かずにこっそり調べたりするのが妻なのである。

 トランスフォーマーの場合、妻は実写映画から入ったようなものだし、今でもおもちゃが売ってたり(僕が買ったり)するし、「ザ・ムービー」のサントラ聴いたりもするし、何だろうな。現役としての資料が豊富なんだよね。

 昔のおもちゃについて説明したいなーと思ったら『トランスフォーマージェネレーション デラックス』なんて本があったり。もう新本はないみたいだけど、今でも定期的に歴史的カタログっぽい本が出る。

 そう、トランスフォーマーならね。

 ゾイドだとさあ、ないのよ。全っ然ないの。母数がね、ファンの人数がもう、絶対的に少ないっていうのはあるだろうけど、僕にとっては「同時代のおもちゃ」で、しかも同じ会社になったのにっていう切なさがある。

 ゾイドにもいくつかの波があって、僕がおもちゃを買い集めてたときから何年も経ってからのアニメとかね、そこからのファンも多いっていうか、そっちの方が多いのかな、ひょっとすると。いや、そういうの全然詳しく知らないけど。

 そのね、アニメのときとかじゃなくって、おもちゃだけで盛り上がってたあのときの熱っていうのかな。そういう感じを伝えたいときにね、手段がないのよ、ゾイド。
posted by 篠田 青 at 01:17| Comment(0) | おもちゃ

2018年05月15日

PS3でtorneがプチフリする

 PlayStation 3の旧型、CECHH00でtorneを使ってると、ちょいちょい操作不能に陥ることがあって。「固まる」とか、「フリーズ」とかいう状態。待ってりゃ戻るから「プチフリ」か。

 出荷時に搭載してたHDDが40GB。時代を感じる低容量。

 妻がまだ妻でなかった頃から所有していたものでございます。

 だいぶ前にIntelのSSD、530シリーズの120GBに換装して使ってたんだけど、妻いわく、換装前からプチフリはあって。

 Seagateの600 SSD ST240HM000、240GBに換装した初期型CECHAと、新型(笑)CECH-4200Cでは出ない。

 ということはSSDのメーカーか。Intelのはファームウェアのアップデートもちょこちょこある(その都度適用してる)し、Windowsで使ってても問題ないしなあ。

 最初から発生してたとすれば、単純にストレージ容量とかキャッシュとかの問題でないかい?

 そう思ってSeagateのSSHD、FireCudaのST1000LX015に換装しましたところ。

 torneでのプチフリは出なくなりました。

 PS3のシステムソフトウェアとか、torneそのもののアップデートが重なっていって、PS3本体のストレージも大容量化していって。120GB程度では追いつかなくなったんじゃないかなあとか。

 専門知識もないし、適当だけど。
タグ:SSD PS3 HDD torne SSHD
posted by 篠田 青 at 05:52| Comment(0) | おもちゃ

2018年05月14日

キャノンじゃないのがいい

 ゾイドには……おっといけない。

 みんなーっ! みんなの好きなゾイドの話だよーっ!

 これで良し、と。

 ええとですね。

 ゾイドってね、気持ちいい名前が多いのよ。以前書いた「ビガザウロ」みたいな。言葉の意味はよく分からんが、とにかく凄い自信だ。いや、このフレーズはキン肉マンだから関係ないんだけど、そういう感じよね。

 今でもたまに、何の前触れもなく思い出すゾイドの名前っていうのがいくつかあって。

 その中の一つが「カノントータス」。

 濁音入ってないし、わけ分からんみたいなネーミングでもない。シンプルだし、まともなんだけどね。何か気持ちいい。

 何でだろうな。戦車みたいなね、キャノン砲を背負ったカメ型ゾイドで、ほんとそのままなんだけど。

 キャノンじゃなくってカノンなんだよね。カノン。イギリス? タートルじゃないのもいいのかね。

 カノンなら何でもいいってわけじゃないしね。大魔神カノンって何だったのあれってなるもんね。何言ってるか分からないでしょうけど、何見てるか分からないってのも大変だったんですよ。見るのやめればいいんだけど、分かるまで見たいっていう謎のところに陥っちゃうのよ。

 世代じゃないんだけど、再放送だか何だかでたまたま見た『仮面ライダーV3』に出てきた「カメバズーカ」ってのも強烈だったな。「ハサミジャガー」と合わせて、名前だけで笑った。渋い主題歌とのコントラストがまたね。

 ゾイド開発者の中にいたのかな、カメバズーカ好きな人。
posted by 篠田 青 at 01:39| Comment(0) | おもちゃ