2018年08月11日

大当たり

 「はい、四十円」がいくらになったときだったか。

 ついにというか、思ったよりも早くというか、例のカードが現れた。

 「メロスはゾフィーだったのだ」のね。

 これでもう、この買い物の元は取れた。思ったよりも全然かっこよくない写真で驚いたけどね(笑)。

 メロスのマスクを外してるだけじゃなくって、なぜかスーツ(コスモテクター)の上腕部分も露出してるという謎の写真。まあ、顔だけだとウルトラマンとかジャック(帰ってきたウルトラマン)と見分けがつかないからね。いや、本来ならつくんですよ? とかマニアっぽい言い訳はさておき。

 いやあ、ほんと、かっこ悪いゾフィー。

 マスクも不細工だし、目は真っ黄色だし。雑誌の企画だし、メロスのときの目がそもそも真っ黄色だからっていうのもあるんだろうけどさ。こんなのゾフィーじゃないよ。

 とかいうのはまあ、今の僕の感想であって。

 子どもの頃からの「何だったんだ」の旅はこれでまた、大きな区切りを迎えました。急にですます調になるくらいのまあ、改まった感じでございます。

 「ULTRA- ACT」っていうウルトラマンのね、アクションフィギュアシリーズがあったんだけどさ。それのね、アンドロメロスが出てたのに気づくのが遅れて、手に入れられなかったことをこれまたずっと後悔してたんだけど。等身が高くって、かっこよすぎるメロスでね。理想を実現してくれるそういうアイテムもまたね、手に入れたくはあるのよ。

 でもまあ、僕にとってのメロスは、やっぱりこっちだったな。
posted by 篠田 青 at 19:12| Comment(0) | おもちゃ

2018年08月10日

妖怪のりしろさがし

 「メロス開けないの?」

 妻が繰り返し聞いてくるので、二袋目を開けてみた。そういえば引っ越しもまあ、だいぶ落ち着いたかな。

 小袋一つにカードが三枚入っていて、それが三十セット入っている箱。「20円でくじを一回引ける」というシステムだったらしく、他に大当たりの分厚い袋と、コレクションファイルが二冊。

 子どもの頃は、20円あったらそれこそダブルソーダ的な、確かなものに使うことしか考えられなかったのよね。くじ引いて三枚手に入ったとして、そのうちの一枚がナックル星人の足のアップとかだったらどうする? 最初に開けた一袋がそうだったんだけどさ。

 そういう不確かなものにお金使えなかったな、昔から。弟はくじとか好きで、屋台なんかでもくじに賭けちゃってた。同じ家で育っても、最初から違うのね。

 いつだっけな、ヨドバシマルチメディアAkibaで、ウルトラマンAが欲しくて、嘘みたいにエースだけ出なくって、二日がかりでガシャポンやったことはあったけど。

 今回のはまあ、それ以来のウルトラ大人買い。

 二袋目を開けたら、何だろうね。「はい、四十円」とか言いながら次のを開けてたね。

 「いけないよ、そんなに開けたら!」って妻が言ってたけど、開けろとかいけないよとか、ちみの基準は何かね。

 妻の制止を振り切って次の袋を開ける自分が怖い、と思う暇はなかった。

 「貼ろう貼ろう」と言いながら、カード裏面ののりしろを確認する妻の方が恐ろしくて。
posted by 篠田 青 at 09:07| Comment(0) | おもちゃ

2018年07月10日

ネバーエンディングナイトメア

 せっかくPS4を買ったしなと、『ネバーエンディングナイトメア』っていうゲームを買ったのです。よく知らないまま、独特なビジュアルとPS Vitaでもやれるお得さに惹かれてね。

 いやー、オモチロイ。

 足し算掛け算盛りだくさん! みたいなゲームも楽しいけど、グラフィックも操作も引き算で作られた感じで、ストーリーも想像の余地がたっぷりあって。ボリュームが控えめなのもちょうどいいというか、ありがたいというか。

 PS VRは妻と二人で楽しんでるから、一人でちょこっとやるのにちょうどいいんだよね。

 何かVitaまで持っててゲーマーっぽいんだけど、もうほんと、全然やってないのね。

 「ゲーム機あるけど遊んでない」ってことにハッとして、急にやってみるもんだから妻に「どうしたの珍しい」なんて言われるくらいで。

 妻が隣で寝てるけど、僕はあんまり眠れないとか、まだ眠くないみたいなときにちょこっとやる、モノクロなゲーム。主人公がパジャマのまま、悪夢を歩く内容っていうのがこれまた、ぴったりでございまして。

 いくつかエンディングがあるみたいで、まだ全部を遊びきってないんだけど、「うおお早く全部やりきりたいよおおおおおお」ってならないのもちょうどいい。

 ゲームに限らず色んなニーズがあるだろうけど、ちょうどいいってことはありがたいなあ。

 このブログもついついこう、書き込んじゃうみたいなとこあるからな。よせばいいのに。
posted by 篠田 青 at 20:53| Comment(0) | おもちゃ

2018年07月08日

ダブルソーダ!

 アニメ『ゾイドワイルド』を見ていたらクワガタムシ的なゾイドが出てきた。

 妻から「これもあったの?」と聞かれて「いや、これは新しいやつだけど、昔も似たようなのはあったよ。何だっけな」という流れになった。

 持ってはいなかったけど、あの頃のかっこいいパッケージは頭に浮かんでいる。

 何だっけ。

 ビーファイター、いやいや違う、よく知らないし。

 ガタック。色は似てるけど仮面ライダーだしバンダイだし。

 何だっけ何だっけええっと、カブトムシ型の方は弟が持ってたけどそれ思い出してもしょうがないしええっと。

 ダブル。

 そうダブル。

 ダブルダブル。

 ……ダブルソーダ!

 ダブルソーダだ!

 そうそう、ダブルソーダダブルソーダ。わはははは。

 凄いな、よく思い出したな僕。買って持っていたならともかく、持ってもいないのに。

 青いし、名前も好きだったんだな。

 確認するために検索してみたら、二つに割れる氷菓が出てきちゃったけど。

 ゾイドワイルドが流れてる我が家で、一番盛り上がった瞬間でございましたとさ。
posted by 篠田 青 at 00:20| Comment(0) | おもちゃ

2018年07月07日

ゾイドワイルド

 アニメ『ゾイドワイルド』が始まったので、録画して見てみた。ここであれだけネタにしてるしね、ゾイド。

 「えっ、何、ゾイドのアニメなんてあるの?」

 居合わせた妻もちょっと興奮。日頃あれだけ聞かされてるしね、ゾイド。

 しかし、ゾイドワイルド。

 ゾイドワイルドよ。

 妻を3分と引き留めておけなかったな。オープニングから数えてだから、本編だけなら1分半だ。七夕ならではの計算された作りなのか。織姫と彦星は一年に一度だから30分枠なら5秒も持てば充分かいやそんなことより合ってるのかこの計算は。

 『アンドロメロス』かゾイドワイルドかって世界だよ。「ぼ、僕が好きなのはこれじゃなくって」っていう手間をどうしてくれるんだよ。

 ってなりそうなことは承知の上で見てみたし、「今の子どもたちにはこういうのが受けるのかな」って思いながら見届けたけどさ。

 今の子どもたちはあれかい、想像を超えたものを欲しがってはいないのかい。
posted by 篠田 青 at 23:49| Comment(0) | おもちゃ