2018年10月04日

帰ってきたほん怖の検証

 つ、つづきです……。

 夏の風物詩について書いてたはずが置くとお婆、いや10月になるとは。さすがにこう、しれっと書き足すこともできず。

 ええっと。

 ええーっと。

 うん、ほん怖。ほん怖ね。

 お、面白かったよね。

 特にほら、あの話とかさ。

 背の高い女の人が竹を自宅にさ、自分よりも背が高くなっちゃってさ。

 いや、違うの。違うのよ。いいえ違います、違うんですってー。

 我ながらひでえな。

 ほん怖に限らずね、よくできたホラー、面白いホラーっていっぱいあるでしょ。日本で受けがいいのは「結局何だったんだろう」みたいな感じのが多いのかな。

 仕事柄なのか、見終わってから検証するような時間がある。映画館の帰りに友達同士でああでもないこうでもない、みたいなのとはちょこっと違う角度でね。

 ほん怖だと「恐怖幽便」を元にしたエピソードがあって、実話っぽい感じで展開される。だからこっちも一応「実話だとして」っていうスタンスで検証するんだけどさ。ドラマにする、娯楽にするっていう時点でやっぱりね、換骨奪胎、取捨選択的な、怖くて面白い映像にするための作業があるわけで。

 実話だったとしても、抜け落ちたり、付け加えられたりするってことがいっぱいあって、霊的エピソードとしてはずいぶん歪んじゃうのよね。だから結局、正確な検証なんてできなくって。

 娯楽として楽しめばそれでいいんだけど、よくできたホラーだと「お化けとは、霊現象とはそういうもんだ」と信じさせてしまうような力があって、何だろうな。「誤った常識」の元になっちゃうんだよね。そういうものを真面目に信じすぎるマニアさんにですね、こっくりさんみたいなものがくっつきまして。ややこしいことが起きたりします。
posted by 篠田 青 at 01:49| Comment(0) | 精神世界

2018年08月23日

ほん怖の検証

 今年もまた『ほんとにあった怖い話』が放送された。開始当初からずっと楽しみにしている番組で、どんな形であれ続いてくれるのはありがたい。

 そういえば、昔は自分がそういうことも仕事にするなんて夢にも思わなかったなあ。怖いエピソードを厳選して、妹の彼氏にまとめて見せて大笑いしたなあ。元気かなあ、あいつ。お化けより怖い女に捕まったりしてないかなあ。

 今では私がおじいさん。

 間違えた、ええっと、夏になると「そろそろほん怖じゃない?」と言い始める妻と二人で見るのが当たり前になっております。

 つ、つづく……。
posted by 篠田 青 at 23:05| Comment(0) | 精神世界

2018年07月31日

モハメドじゃない方とかじゃなくって

 ベランダのホテイアオイに花が咲いて、懐かしいなあと感慨もひとしお。

 熱帯魚が飼えなかった子どもの頃は、ベランダで飼える金魚とメダカ、ホテイアオイが「僕の水辺」って感じだったんだよね。

 で、久しぶりのホテイアオイにはやっぱりアブラムシがついてて、感慨はないけどこれもまあ、まあ懐かしい。

 でも大人だから、台風に飛ばされてテントウムシでも来てくれりゃいいのになあって思ってたのよね。

 そしたらあなた。

 アリが。羽の生えたオスアリが来てましたよ。

 そっちじゃないのよ、頼んだのは。アブラムシ(アリマキ)の味方が来ちゃってどうすんのよ。

 まあ、こういうのはあれです。あんまり良くない方の虫の知らせ。
posted by 篠田 青 at 02:00| Comment(0) | 精神世界

2018年06月28日

63センチではない

 全然知らない家に帰って、「おや、ぐっすり寝ちゃってたみたいだ」と目覚める夢を見た。

 やはり知らないリビングに出て行くと、水槽が取り付けられている。

 「ああ、妹も帰ってたのか。水槽設置したんだな」と思って近づくと、壁にL型の棚受けを打ち込んであって、そこに水槽が直接載っているだけという恐ろしい作り。

 「うわ、これ駄目だろ」と言って、どうしたらいいか物凄く慌てて考える。

 またね、水槽が大きいんだ。

 「これ90センチ水槽だよな」と、初めて扱う大きさだから余計に戸惑う。憧れのサイズではあるものの、起きて急にあると困っちゃう。

 でも測ってみたら630ミリで、「あ、意外とそんなにないのかー、でも630かー、これはこれで半端だなー」と困ったまま、解決せずに目が覚めた。

 ここのところ、妹が絡むと夢に具体的な数字が出てくるのはなぜなのか。
タグ:水槽 熱帯魚
posted by 篠田 青 at 00:54| 精神世界

2018年04月26日

パン屋さんのポスター

 パン屋さんにポスターが貼ってある。

 某宗教団体との強めの関連を強めに匂わせるポスター。焼きたてのパンの香りよりも目立っちゃいそうだけど、そんなのは余計なお世話だ。

 僕が気になるのは、これを読んでいる皆さんが思い浮かべるのがどんなポスターか。

 間違えた、嘘よ嘘うそ、嘘よ嘘。

 パン屋さんは毎日毎日、発酵と向き合っている。科学が発達して気軽に言ったり売ったり買ったりしてるけど、発酵ってのは結構な不思議現象だ。

 それと毎日向き合って、仕事にするって感覚はたぶん、僕たちが思うよりもずっと特殊なこと。

 世が世なら神事なんだよね。酒蔵よりも新しいってだけで。

 だから別に、それがどんな神様でもいいのよ。パン屋さんが決めれば。

 ただ何となく、ポスターからしてくる匂いは神様ってよりも人間のなんだよなってのがね、何かちょっとね、ほんのちょーっとだけね、気になるだけでね。
タグ:宗教 発酵
posted by 篠田 青 at 01:56| Comment(0) | 精神世界