2017年09月23日

何となく納得

 何の脈絡もなく、頭の中で聞こえる知らない女の声。

「狐につままれたと思って忘れなさい」。

 そんな言い回しはないってことは分かっているのに、妙な説得力。

 続きまして、知らない男の声。

「狐につままれて死んじまえ」

 ……何でしょう。色々考えさせられます。
posted by 篠田 青 at 01:12| Comment(0) | 思いつき

2017年09月21日

セーラー服と

 セーラー服について書こうかなと思ったら「セーラー服ときかん坊」というタイトルが浮かんで、それ以上何も考えられなくなった。
タグ:セーラー服
posted by 篠田 青 at 23:44| Comment(0) | 思いつき

2017年09月01日

FBI にいる妖怪

 「遠く離れた土地なのに、民話や伝承に共通点が複数見られる」っていうのは結構あることで。

 日本には突っ張り旦那と突っ張り坊。

 アメリカのFBIには突っ張りダナ・スカリーと、突っ張り坊ックス・モルダーがいるらしい。宇宙人やそれにまつわったりまつわらなかったりする国家の陰謀や、超自然現象なんかと闘う正義の妖怪だ。
posted by 篠田 青 at 22:00| Comment(0) | 思いつき

2017年08月31日

家にいる妖怪

 突っ張り棚を取り付けたのです。

 ふいに「突っ張り坊」という言葉が思い浮かんだのです。坊というのは、坊さんでしょうか、坊ちゃんでしょうか。前者は妖怪、後者は不良学生のような響きとなり、意外と豊かな思いつきであることに驚きます。

 それだけでは寂しいからか、単に面白くて調子に乗ってしまったのか。突っ張り棚なのに突っ張り棒に意識が行ってしまった自分のバランスを取りたかったからなのか。

「突っ張り旦那」という言葉も浮かんだのです。

 突っ張り旦那はもう、明らかに妖怪のイメージです。勝手に人の家に入り込んで、あれこれ強引に仕切りたがる迷惑な妖怪。追い出そうとしてもテコでも動かない。ははは。

 埒があかないから外に助けを求めると、近くに潜んでいた「突っ張り坊」が神妙な顔つきでやってきて、もっと迷惑な展開が待っているという。

 何が困るって、思いついたはいいけどこの妖怪コンビへの対処法が決まらないこと。妖怪図鑑なら必ず載ってるだろうに。
posted by 篠田 青 at 01:17| Comment(0) | 思いつき