2018年04月19日

パイナップル太郎

 パイナップル、と思うと同時に頭の中に流れてしまう歌がある。

 あ、『PPAP』ではなくて。

 小学生の頃、「母が不在で、弟と二人だけで眠らなければならない」という夜があった。別に母子家庭じゃなかったけど、そういう形容が正しい。まあ、ディテールはどうでもいいか。

 寝る前にはみんなで本を読むというか、母の読み聞かせタイムが布団を敷いてからのお楽しみみたいなところがあった。

 読みながら眠りに落ちたり、眠りとの境目でおかしな物語を生み出す母にツッコミを入れたり、本を顔にバサッと落とす母を笑って「もういいよわはははは」みたいに閉会するのもまた、楽しみの一つ。

 あ、母はまだ生きている。

 読み手でありボケ手である母。それが不在の夜というのは、ただの留守番ではない。

 どうしよう。

 電気を消して、「よし、今日は僕がお話をしよう」となった。

 とはいえ、普通にやったのではレギュラー(母)に勝てない。どうしよう。

 そうして生まれたのが『パイナップル太郎』であった。何の工夫もない、恥ずかしくなるようなおふざけパロディーではあったが、主題歌があった。

 それはもう斬新な、自作の主題歌があった。

 弟はもう、ずっと爆笑していた。寝かしつける目的だったはずだが、今思えば、僕にも笑わせるつもりしかなかったような気がする。二人でいい子で早寝をしなければならないのに、いけないことだ。

 罰として、今でも「パイナップル太郎の歌」が頭に流れることになったそうな。
posted by 篠田 青 at 23:59| Comment(0) | 日々

2018年04月17日

一言居士さん

 一昔前、雑誌やら新聞やらの投稿欄でよく見かけたんだけどさ。

 「PN(ペンネーム):一言居士」とかいうやつ。

 自虐だろうが前置きだろうが、「うるせえなお前!」って思ったよね。
posted by 篠田 青 at 22:00| Comment(0) | 日々

2018年04月16日

「刮目せよ!」

 「刮目せよ!」とか言われるとさ。

 「うるせえなお前!」って思うよね。
posted by 篠田 青 at 21:47| Comment(0) | 日々

2018年04月14日

第三・一の男

 オリジナルが『ブラタモリ』なんだから「タモサンポ」っていう表記を選んだんだけど、あのマダムの中ではどういう表記だったんだろうか。

 いや、書いてみると凄く不自然っていうか、好みじゃなさすぎて気持ち悪い。

 そもそも僕の世界にはなかったはずの言葉なのに、あのマダムがこれでもかこれでもかと連呼するから。そんなことも分からないから、マダムって地球だって平気で消せるんだ。

 だからって今さら「タモさんぽ」って直してみても、いや、直すって何だよそもそも存在しないものを。
posted by 篠田 青 at 21:08| Comment(0) | 日々

2018年04月10日

迷宮のReplicant

 CHAGE and ASKAの『ENERGY』というアルバムの中に「迷宮のReplicant」という曲があって、もやーんとした空気に包まれた街を見ると思い出す。好きな曲だから、カラッと晴れてても思い出すけど。

 中学生が聴くと、歌詞がもう、うおお大人の世界だって感じでね。雨の中、車を運転してる感じとか、それが夜の高速道路だとか。中学生には手に入らない、自分だけの空間感が凄い。

 そんな中でさらにね、濃密であろう恋人との時間、そして未来を語られるんだからもう、想像に想像を重ねるしかないし、それが楽しいわけですよ。

 ただ、今年の春先の靄を見て思い出したこの曲は、全然違う味わいで。

 「夢の中で夢を見る」っていうフレーズがあるんだけど、それがこんな風に響くようになるなんてね。

 どうだい、あの頃の僕。年はとってみるもんだ。
posted by 篠田 青 at 01:17| Comment(0) | 日々