2017年11月23日

お赤飯の日

 キャプテンじゃない方のスーパーマーケット(誰が分かるのか)に行ったら「11月23日はお赤飯の日」っていうのが目に入って驚いた。驚いたということは、初めて知ったということでありまして。検索してみたら2010年かららしいね。「お赤飯の日制定委員会」よりも立ち上げるべき委員会は山ほどあるような気がするけど、まあうーん、良くはないけどまあいいか。

 いやね、数日前に「赤飯投げる祭り」っていう見出しが目に入って、それだけでもうショックで。動画見てみたらやっぱりショッキングで。伝統とか文化はさておきっていうか、いや、さておいてはいけないっていう話も分からないではないんだけどさ。お赤飯を大事にしましょうっていう動きもあって良かったなと。

 お赤飯好きなんだよね。「ええっ、ごま塩かけていいんですか?」みたいなテンションの上がり方する。

 バンダイもしょうもない、アホみたいなデザインのシャア専用グッズばっかり作ってないで、シャア専用ご飯とかやればいいのに。日本のキャラクタービジネスって狭いよね。文化としての発信の仕方とか、やりようはいくらでもあるんだけどな。関係者の方、この記事のコメント欄か「人事のための仁術」から連絡ください。
posted by 篠田 青 at 21:12| Comment(0) | 食べもの

2017年11月18日

ゆずみつサワー

 若い頃、二十代前半。ゆずみつサワーとたこわさが好きで、やたら居酒屋行ってた時期があったんだよね。何だったんだろうなあれ。

 弱くて飲めないっていうより、酔ってる自分が好きになれなくてやめたけど、また飲むときが来るんだろうか。
posted by 篠田 青 at 01:01| Comment(0) | 食べもの

2017年11月17日

シュークリームの一口目

 ツインシュー的なシュークリームって結構あるじゃない。生クリーム(またはホイップクリーム、ときに生クリーム入りホイップクリーム、あとえっとえーっと)とカスタードクリーム、両方入ってますよっていう。

 あれの一口目がカスタード側だと、つい反対をかじりたくなる派。いや、かじりゃしないけどね、実際は。

 じゃあ最初からカスタードだけのを選べばいいじゃんっていうのは、またちょっと違う話になるんだよなあ。おしるこに塩入れる入れないみたいな、いや、それもまたちょっと違う。

 白いクリームから入って、黄色いクリームで終えるっていう流れが幸せ。
posted by 篠田 青 at 00:59| Comment(0) | 食べもの

2017年11月04日

グミの噛み心地

 グミってさ! 甘酸っぱいよね! 外国のじゃなくって、日本のやつ!

 甘酸っぱいもの好きな僕としては、日本のグミの味がありがたいのです。「いや、甘酸っぱくないのもあるよいい加減なこと言わないで削除して謝って謝罪してブログ自体も削除して以後死ぬまで自粛して」とか言われても知らん。僕のイメージだし、それに基づいて甘酸っぱそうなグミを食べてるって話だから。

 「キュンと酸っぱい」みたいなさ、酸っぱさをアピールしてるお菓子ってだいたいもう、全然話にならないくらい物足りないよね。あれって何なんだろうね。子どもの頃からがっかりしてたよ。

 違う違う、グミの話。

 家で映画とか見てるときにね、グミがあるとちょうどいいのよ。

 ただね、グミってさ、何かその、噛む前提なの?

 「アルデンテな弾む噛みごこち」とか書いてある袋から出して食べるけど、噛まないんだよね僕。弾力とか噛み心地とかあるから噛んでみようかと思うけど、恐る恐るやわーっと噛んで、あ! ダメッ! 「噛めない」っ! これ噛めないっスッ! 激噛めないっス! となる。

 隣で妻がすんげえ早さで食べ終わってる様子に今でも驚いちゃうくらい、グミってのは噛まないもんなんだよね、僕にとっては。でもあれでしょ、皆さんはお噛みになるんでしょう、グミ。
posted by 篠田 青 at 22:00| Comment(0) | 食べもの

2017年10月14日

武蔵製菓の大福どら

くりあん大福どら.jpg
 一目惚れみたいな感じで、ビジュアルの全てが気に入って即買い。

 栗あんっていう、季節感やごちそう感はあるけど味のインパクトにはちょっと欠ける素材に対して、餅入りじゃなくって餅で包む。そしてこのかわいいサイズ。

 「どら焼きは好きだけど、栗あんは別に」な僕を、見事にくるんじゃうおいしさでございました。

 「くりあん」とあるからには、くりあん以外もあるんだろうか。栗ならではの企画とバランスだなあと勝手に思っちゃうけど。
posted by 篠田 青 at 11:48| Comment(0) | 食べもの