2018年07月06日

好きすぎる言い回し

 六月二十四日に「ルバーブジャム補足短く」って記事を書いたんだけど、四月二十八日にも「補足短く」って記事を書いてたことに気づいた。

 ええっと。次は八月二十六日くらいですかね……。
タグ:自責の念
posted by 篠田 青 at 19:06| Comment(0) | 日記

2018年07月05日

偉大なる過ち

 過ちっていうと大げさな感じもするけど。「清清しい」を読めない人って結構いる。二十年くらい前にも、テレビ番組でミュージシャンが「きよぎよしい」って言ってるのを聞いてね。自分の年収が低すぎるかもしれないと口を押さえたくなるような(これ、僕が思い浮かべてる顔と読者に浮かぶ顔が一致してるとは限らないよね)ショックを受けた。

 当時はインターネットも今みたいに普及してなかったし、その人のその間違いが新聞やらワイドショーやらで大きく取り上げられることもなかった。

 旬の人、注目される人物が読めないことで、同じように読めていなかったたくさんの人たちが気がつける。

 偉大な間違いだなと思う。

 僕なんかもつい「うわーこんなのも読めないの」って反射レベルで思っちゃうけど、普段から間違いを恐れないこと、間違いをすぐに認めることの方を取り込みたい。

 ワールドカップ優勝が目標だと言い続けたことも素晴らしい。

 漢字が正しく読めなくっても、言いたいことが分かるんだからそれでいい。何とかなる。

 イタリア語とかスペイン語が話せる方がずっと大事だろうし。

 彼からサッカーを教わったとして、どれだけ正しく覚えられるだろうか。特にサッカー好きじゃないっていう立場で。

 本当に恥ずかしいことって何なんだろうと考えさせられる。

 他人に期待されることよりも、自分に期待することの方が大事なんだよね。

 「お恥ずかしい」って言うことも、「もうしっかり覚えました」って言うことも立派だと思うよ。本田圭佑選手。
posted by 篠田 青 at 14:09| Comment(0) | 日記

2018年06月03日

アイスの棒哀歌

 妻に必要だったのは
 アイスじゃなくて棒だった
 まとまった数を欲しがった
 一日三本ならいける
 好きなアイスを思い浮かべた
 何日かかるか考えた
 僕はもちろん待てますね
 妻は絶対待てません
 できればしたくないのにと
 例のところに打ち込んだ
 こんな言葉でいいのかと
 「アイスの棒」と打ち込んだ
 妻のためだと仕方なく
 アイスを食べ続ける夢は
 跡形もなく溶けたとか
 そんな結びはいらんのじゃい
posted by 篠田 青 at 23:51| Comment(0) | 日記

2018年05月30日

ASUSの変化

 ZenFone 3にGoogleセキュリティパッチの更新が来た。

 何か手厚くなったなと思う。ここのところのHUAWEIの大躍進と無関係ってわけにはいかないだろうなと。

 少し前に「組織改革をしたよ」っていうASUSの記事を読んで、ユーザーとしては大いに期待してたけど、こういうのって「次に出る最新機種から」だったりするじゃない。まあ、ZenFone 3が多く使われてて、そこを手厚くするのが効果的なんだろうけど。ビジネスだ競争だって、そういうもんだもんね。

 一方で、iPhoneの旧モデルがバッテリーの都合でわざと遅くなるとか、ずっと使えることを売りにする弊害もあるわけで。

 大変だなあ、ビジネス。

 「あいふぉーん」ですって言っても「あいふぉん」って言われるし。サーキュレーターは首振るもんじゃないって言っても、首振りつけた方が売れるんじゃ作るしかないもんね。
posted by 篠田 青 at 00:45| Comment(0) | 日記

2018年05月27日

やるなカサノバ

 何年ぶりかでマクドナルドに入った。妻ととなるといつ以来なんだろうか。二人揃ってそれはもう、大変な空腹だった。

 禁煙ってのは安心感がある。食べ物の匂いしかしない。当たり前だけど。

 前に食べたときよりも、随分おいしくなった気がした。元々マクドナルド愛好家ってんでもないから、正確なことは分からないけど。チェーン店っていったって、お店によって違うもんね、味。

 色んなことがあって、改革を迫られて、変えなきゃいけないところ、変えちゃいけないところがあって。

 大企業になるほどねと思わされる、独特の気持ちよさみたいなのがあった。

 最初ね、「マック」って書こうとしたんだけどさ。それを躊躇させられるくらい、この国におけるAppleの存在感も増したね。「行かない間に時代が変わったんだな」という驚きと、「マクドナルドとAppleについて触れないんだな、普段」という今さらながらの自覚。

 空腹の夫婦がマクドナルドに入って、結構楽しく過ごした。ぶつくさ言いながら食べて、ぶつくさ言いながら帰るとかじゃないってのは、何かいいよね。

 そんな気分でほんわかと席を立ち、トレーを戻そうとしたところで、掛けてある大相撲のカレンダーが目に入った。

 今月は日馬富士だった。
posted by 篠田 青 at 23:52| Comment(0) | 日記