2018年11月11日

ホールフードとは何かね

 「ホールフード」という考え方がある。食材を丸ごと食べるのがよろしいって感じかね。ミンチとか粉とか、部分だけを食べるのは駄目よっていう。

 いいよね、分かりやすくて。

 では、分かりにくいことでお馴染みの篠田仁術は、ホールフードをどのようなものとして扱うのでしょうか。

 人が料理に込めるエネルギー、気というものがあります。

 作る人が込めるエネルギー。これはまあ、よく言われるやつ。「料理は愛情」とか、「うちのご飯が一番だね」とか、あとあれだ、「誰かを思ってにぎるおにぎりは美しい」とかね。

 もう一つは、食べる人が込めるエネルギー。「おいしそう」だと思って食べるのと、「食べたくない」と思って食べるのとでは全然違う。

 インターネットの時代になって、ますますこう、栄養素とか素材だけを取り上げてね、食べろだの食べるなだのって情報が踊り狂っておりますがね。

 人の食べる力ってものが軽視っていうか、ないものとして語られていて。分かってんだか分かってないんだかみたいな人たちが日々「不衛生不衛生まずいまずい食えたもんじゃない」とかのたまっていらっしゃる。

 まあ、断定して分かりやすくしたいのが人の常でございますからね。

 ミンチだろうが粉だろうが、色んな食材を組み合わせて一つの料理にする力が人にはある。

 ジャンクだろうが電子レンジだろうが、おいしく食べる力が人にはある。

 そういうものが意外と複雑に絡み合っているのが、人の食事でございまして。目の前にあるその料理、一品だろうがコースだろうが、それを一つの「ホールフード」と見なすのが仁術の立場で。それをきちんと、残さず食べるのが大事ですよ、と。

 そういう前提があるもんだから、給食の話も難しいんだよなー(笑)。
posted by 篠田 青 at 19:24| Comment(0) | 仁食同源
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。