2018年11月06日

給食を残すとか残さないとか・前編

 「給食は食べ残せ」みたいな記事があった。まあね。「完食するまで許されない」とか「昼休みに入っても泣きながら」っていう古い現状に対するカウンターだし、見出しで勝負しなきゃいけない時代だし。

 でもね。

 うるせえな。

 ほんとうるせえなって思う。「科学的な裏付け」とかを並べておいて結論が「食べ残せ」って。対極のキャッチコピーを打ち出すことで古い現状を打破しようってのは基本だろうけど、何だよそれ。その記事を叩きたいわけじゃないのよ。そういうのばっかりじゃございませんか、最近。っていう。

 日本の教育の基本に「落ちこぼれを作らない」っていうのがあって、発生してしまった、または解消できなかった落ちこぼれに対しては「なかったことにする」。教育って学校だけじゃないよ、会社でも続くんだよこれ。凄いよね日本。いやあ、素晴らしい美しい。

 だからいじめを隠すし、落ちこぼれにされた者は登校拒否か転校しか選べなかったりする。

 「できること」よりも「できないこと」に着目せざるを得ないのは、社会がしばーらくの間ね、減点方式でうまくやってきたから。富国強兵、国難突破。これは民主主義とは呼ばんでしょう。

 凹んでるとこがあるってことは、出っ張ってるところもあるってことなんだけど、成果主義の減点方式では、そういうところに目が行かない。

 できる子を称えるよりも、できない子を笑う。集団としての生徒たちがそうであってもいいけど、教師が、担任が率先してそれをやって生徒のウケを狙うような、そういう空気が僕のクラスでもあった。笑う側も笑われる側もやったな、僕。次回に続こうかな。
posted by 篠田 青 at 21:52| Comment(0) | 仁食同源
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。