2018年07月12日

メロスのカードの正体

 前回のつづき。

 そもそも、あのメロスのカードってどういうもんだったんだ? あれを大事に保管し続けて、サイトにまとめたりしてる人なんていないかしら。

 調べてみたら、サイトより先に商品そのものが目に入ってきた。

 ……買える!

 躊躇なく、ではない。テレビ番組のメロスが激ショボだったから、さすがにちょっと、一瞬躊躇したけど。

 買った。

 買ったよ、あの頃の僕! 大人買いしたよ!

 妻に伝えたかった「かっこいいアンドロメロス」も手に入った。届いたのを手にとってみると、やっぱり全然、いやまあ、少なくとも特にかっこいいってわけじゃないんだけど、あの頃そう思っていたってのは正しく伝わる。

 そんなことより、駄菓子屋好きの妻には「売ってるやつが箱ごと丸々ここにある」ってことの方が興奮材料だったみたいだけど。喜んでんだからいいんだ。一人より二人がいい、おっとこれはサンバルカン。

 箱を開けてみて「あーっ!」と叫んだ。

 ファイル! そうだ、ファイルがあったんだ!

 カードを貼るコレクションファイルがあったのよ。カードを貼る空欄と、その下に一口ストーリーみたいなのが書かれてて。

 カードは一袋に三枚、ランダムに入ってて。それぞれを番号の通りにファイルに貼る。そうすると空欄が目立つから、埋めたくて仕方なくなってまた買ってしまう。

 おのれ大人たち、昭和の大人たちめ。子どもたちから搾取しおって。平成の大人たちはあれだぞ、戦隊ものもヒーローもガンダムもやたら増えて、ありとあらゆる角度からもっともっと搾取しようとしてるぞ。次回につづこうとしてるぞ。
posted by 篠田 青 at 23:20| Comment(0) | アニメ・特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。