2018年07月11日

メロスの正体はゾフィーだったのか

 アンドロメロスのことを調べようと思っても、そんなに情報がないのね。理由はおそらく……人気がないからだっ! どんなに思い入れがある人でも「何言ってるんだ、そんなことはない」と怒ったりはしないだろう。

 僕にしたって、「あのときのあれって何だったんだろう」って角度で知りたいだけだからね。

 もっといえば、僕が夢中になってた「メロスの正体はゾフィー」って何だったのってことを。

 よく知らないんだけど、アンドロメロスには雑誌媒体(『テレビマガジン』とか?)の写真連載と、漫画(これも二種類あるらしい)と、テレビ番組とっていう、大きく分けて三つの流れがあるっぽいんだよね。

 前にも書いたけど、僕にとってのアンドロメロスは「駄菓子屋やおもちゃ屋なんかで売られてたカード」。雑誌連載をベースにした商品だったのかな。雑誌を購読してなかったから、あくまでも想像だけど。

 そのカードもね、自分では買ってなかったの。同じ建物に住んでた同じ年頃の子たちが買い集めてたのを、「いいなあ」と思いながら見せてもらってただけで。

 自分のものとして繰り返し手にとってたわけじゃないから、記憶がもう、実に断片的で。「マスクを取ったアンドロメロスがゾフィー」のあの写真、あの記憶は何だったのか。手に入れられなかったからこそ目に焼き付けたと思い込んでるけど、本当は自分の望む世界、妄想と現実とをごっちゃにすることにした哀れな少年だったのか。

 いや、それは嘘だけど。そこまで自分を疑っちゃいないけど。つづくけど。
posted by 篠田 青 at 21:23| Comment(0) | アニメ・特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。