2018年06月16日

メロスに激怒した・後編

 つづき。

 リアルタイムのウルトラに飢えていて、一番好きなゾフィーの活躍(ゾフィーって主役じゃないからね)にも飢えていて。そんな中、「マスクを外したアンドロメロスがゾフィー」っていう写真が目に飛び込んできたんだよね。

 事情をよく知らないまま、「メロスはゾフィー、主役はゾフィー! しかも赤じゃなくって緑!」と大興奮。ついに僕の待ち望んだ時代がやってきたのだ。「ウルトラマンって何で青じゃないんだろう」という不満も抱えていたから、赤よりも青に近い緑が真ん中に来たってことにも大満足。まあいきなり青の時代は来ないだろうね、と緑を受け入れる(仮面ライダーはスーパー1以外は好きじゃなかった)。この物わかりの良さって凄くない? 本人としては問題だなと思ってるけど。己の欲と世の中の動きに対するバランス感覚がおとなしすぎますよ、少年。

 映像をほとんど見ず、ゾフィー熱と写真だけで勝手に盛り上がってたことが、結果的にまあ幸せだったのかな。

 その後に作られた『ウルトラマンZOFFY』って映画は「ついに真実の時代が」という僕の期待を裏切る最低のものだったし、ゾフィーのデザインも変だった。

 『宇宙刑事シャイダー』はついに登場したメタリックブルーの主人公だったけど、あの顔はスター・ウォーズの脇役っぽくて駄目だった。

 そんな流れもあって、僕の中のアンドロメロスは美化されたというか、美しいまま保存されたんだね。

 ねえメロス。僕がテンション上がるからか、歌がかかると妻だって「メロッスー、メロッスー」と口ずさんだりするんだよ、メロス。「ほらね、かっこいいでしょメロス」って言いたかったよ、メロス。
posted by 篠田 青 at 20:25| Comment(0) | アニメ・特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。