2018年06月15日

メロスに激怒した・中編

 つづき。

 いや、サイバーコップについて語りたいことは別にないんだけど、どうしよう真面目な人がサイバーコップ情報を待ってたら。でも何だろうね。「サンダー! アーム!」とか言って、馬鹿にしながら完コピ的に(そういう言葉はなかったけど)真似して遊ぶみたいな、そういうネタもね、それはそれで常に必要だったな。

 期待してたのにつまんねえどうしてくれよう的なエネルギーを、パロディとして遊びで発散するっていう。つまんなきゃ見なきゃいいんだけど、見届けなきゃ気が済まないそんな性格ねむりたーいあーいわーなびーうぃじゅー。

 で、メロスメロス。メロッスー、メロッスー。アンドロメロッスー。

 とか口ずさんではみるものの、「アンドロメロスっていつやってんだろ?」と思いながらカードだけ眺めてるっていう日々。最初は雑誌連載だけだったとか、漫画がどうだとか、そういうの全然知らなかったし、今でもあんまりよく分かってない。

 あの頃はそういう「いつやってんのこれ?」っていうのがちょいちょいあった。『仮面ライダーZX』とか。前にもちらっと書いたけど、「テレビでやってる実写特撮しか認めない」みたいなとこあったから、雑誌だけの企画なんて想像もしない。

 『ウルトラマン80』と『仮面ライダースーパー1』、その後どうした? みたいな。特撮シリーズが受けなくなった、そういう時代だったんだろうね。時代のことなんて知らないじゃない、子ども。

 過去の特撮、特にウルトラマンの本を繰り返し読んでてね、リアルタイムのウルトラに飢えてるわけよ。自分も体験したい、自分のウルトラマンが欲しいっていう。80はちょっと違ったんだよなあ(顔が)っていう。つづこうかね。
posted by 篠田 青 at 01:47| Comment(0) | アニメ・特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。