2018年06月21日

自マーマレード自賛・前編

 弟がいただいたといふ甘夏を、我も食してみむとてするなり。それの皮の、あーめんどくせえもういいや。

 ええっと、いただきものの甘夏をまたいただき孫いただき黄いただき。いいえ、もらったのは橙(だいだい)でございましてってやかましいわ。

 甘夏をね、妻が苦手だってんで独りで三つ食べまして。せっかくなんで、皮をマーマレードにしましょうかと。

 マーマレード自体は色んな柑橘のね、皮だけでっていうのを何度か作ったことがあるんですがね。甘夏だけで作るのは初めてでして。

 どれで作ってみたって、妻はそんなにっていうか、ほとんど食べない。

 寂しいようですがまあ、これはこれで、自分のため。かわいいかわいい自分のためだけに、自分の好みのマーマレードを作ればいいんですな。

 皮を短く、程よい薄さに切りまして、同じくらいの重さの黒糖と馴染ませて。気が済むまで冷蔵庫で寝かせまして。あとはそのまま、出て来た水分ごとっていうほど出やしませんが、とにかくそのまま鍋に入れて、弱火にかけて。

 時折のんびり返しながら、水を足したり、レモン汁を入れたり、とろみが欲しけりゃ種も一緒に煮たりして。

 誰のためでもないんですから種だって入れっぱなしでもいいんですが、まあそこは瓶にね、透明な、ガラスの瓶に詰めますから。一応気にしてみたりして、掘り返しながら取り除いて。だしパックとか使う人もいるようですが、まあ、そこはお好きに。

 そんな作業をね、一週間前にしまして。カレンダーに書き込んでね、冷蔵庫に入れて。あとはもう、つづくんです。
posted by 篠田 青 at 00:58| Comment(0) | 仁食同源
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。