2018年06月23日

ルバーブジャム!

 ルバーブジャムをいただいた。

 ……ルバーブ?

 と思うじゃん。調べたけど良く分からない。まあ、野菜だと思えばいいらしい。検索してちょこっと読んだだけで調べたつもりにはなりたくないけど、読みあさるほどの情熱も、かき立てられる何かもなく。

 「全部の図鑑を覚えちゃおう」と思って植物図鑑も買ったものの、まるで興味を持てなかった小学生の頃を思い出すぜ。小三の魂百まで(適当)。

 妻とあれこれ話してみたりもしたけれど、案ずるよりあれじゃん。あんずジャムならすぐ開けるじゃん。ルバーブだから悩むじゃん。開ければいいじゃん。

 ちょいと調べたところ甘酸っぱいらしいから、甘酸っぱいなら大丈夫でしょうと、トーストを用意しまして。

 食しましたところ。

 おいしい! あらおいしい。なーんだ、おいしいじゃないルバーブジャム。食べ進んでも食べ進んでも、野菜なのに甘酸っぱいっていう理屈が脳に馴染んでくれないんだけど、それで手が止まるでもなし。

 ちょこーっとね、青臭いっていうか、野菜っぽさはあるんだけど。その後にジャムらしい、でも新しい甘酸っぱさが来て。次の一口、もう一口。ぱくぱくぱく。

 初めて食べたから他のことなんて分かりゃしないけど、吉祥寺「Hamaya」(ラベル読んだだけ)のルバーブジャムの原料は「ルバーブ・砂糖・ワイン」。これだけ。ワインだからぶどうジャムの要素もあるね的な、ジャムといえば果物でしょうが子どもがまだ食ってる途中でしょうがの脳には心地よく。

 ヨーロッパの赤ちゃんはご機嫌ならばルバーブと叫ぶかしらとか考える、土曜のかぶれた昼下がり。
posted by 篠田 青 at 00:03| Comment(0) | 仁食同源
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。