2018年06月12日

ゾイドとアニメの相性・中編

 つづきだよまだまだゾイドだよ。

 アニメとの相性が悪いゆえに終息に向かってしまった初期のゾイド。いや、当時のトミーがそう判断してたかどうかは分からないけど、間違いなくあるのよ、要因として。ストーリーは欲しいけど、アニメにすると子どもでもしらけちゃう。

 販促ビデオの実写パートはかっこよかったけど、あんなもん手間がかかりすぎて、連続ものとして作れるわけがない。それに、あのやり方だと今度は人間との相性が悪い。ストーリーものにするなら人間は欠かせないけど、「ヘリック共和国」と「ゼネバス帝国」とか言ってるのに日本人しか出てこないとしたらどうですかお客さん。

 あくまでもゾイドが主役で、おもちゃにパイロットとしてついてくるメッキ人形をちょこちょこ動かして喋らせちゃうってのもありだと思うけど、当時の風潮を考えるとまあ、通らないでしょうね。

 おもちゃである限りは、「大きいお友だち」じゃなくって、子どもたちに向けて展開したいんだろうから。

 そう考えると、子ども向けじゃなかったスター・ウォーズって凄いな、やっぱり。聞いてるかディズニーこんちくしょういやいやそうじゃないあれはファンも悪いああまったく愚かなファンたちすなわち声も大きいお友だちだったら小さい声も探せよディズニーお金は使い方でしょうがやっぱりこんちくしょう。

 おっといけない。

 ゾイドの魅力であるところのリアルさを生かしたくとも、実写は現実的じゃない。手描きアニメも線を描ききれないから無理。CGとデジタルアニメが必要だった。ってこれ前回から進んでないね。つづこうね。
posted by 篠田 青 at 01:45| Comment(0) | おもちゃ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。