2018年05月14日

キャノンじゃないのがいい

 ゾイドには……おっといけない。

 みんなーっ! みんなの好きなゾイドの話だよーっ!

 これで良し、と。

 ええとですね。

 ゾイドってね、気持ちいい名前が多いのよ。以前書いた「ビガザウロ」みたいな。言葉の意味はよく分からんが、とにかく凄い自信だ。いや、このフレーズはキン肉マンだから関係ないんだけど、そういう感じよね。

 今でもたまに、何の前触れもなく思い出すゾイドの名前っていうのがいくつかあって。

 その中の一つが「カノントータス」。

 濁音入ってないし、わけ分からんみたいなネーミングでもない。シンプルだし、まともなんだけどね。何か気持ちいい。

 何でだろうな。戦車みたいなね、キャノン砲を背負ったカメ型ゾイドで、ほんとそのままなんだけど。

 キャノンじゃなくってカノンなんだよね。カノン。イギリス? タートルじゃないのもいいのかね。

 カノンなら何でもいいってわけじゃないしね。大魔神カノンって何だったのあれってなるもんね。何言ってるか分からないでしょうけど、何見てるか分からないってのも大変だったんですよ。見るのやめればいいんだけど、分かるまで見たいっていう謎のところに陥っちゃうのよ。

 世代じゃないんだけど、再放送だか何だかでたまたま見た『仮面ライダーV3』に出てきた「カメバズーカ」ってのも強烈だったな。「ハサミジャガー」と合わせて、名前だけで笑った。渋い主題歌とのコントラストがまたね。

 ゾイド開発者の中にいたのかな、カメバズーカ好きな人。
posted by 篠田 青 at 01:39| Comment(0) | おもちゃ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。