2018年05月08日

テトラとエーハイム・前編

 テトラのパンフレットを愛読して愛読して愛読していると、「エーハイム」というブランドがやたら出てきた。

 当時のテトラは餌とか水質調整剤が主力商品で、自前の濾過器はなかったんだよね。「テトラがおすすめする優秀な濾過器」として、エーハイムが紹介されてて。

 そういう提携とかって、あんまり分かんないでしょ、小学生には。読んでるうちに分かってはくるんだけど、何だテトラじゃないのか、テトラはないのかテトラを出せっていう。僕が憧れてるのはテトラなんだよおおおお的なね。

 でもまあ、パンフレットに使われてるからね、エーハイムのフィルターを使用している水槽の写真が。

 中学生になって実際にね、ようやく熱帯魚飼育を始めたときにはやっぱり、エーハイムを選んじゃったよね。一番安くてお手軽な内部濾過器だったけど。「おお、あのエーハイムのグリーンが僕のものに!」っていう感動と満足。

 どうだい読者諸君、これまた意味が分からないだろうふはははは。

 パンフレットやらカタログやらの中の写真こそが一流っていう、刷り込まれちゃう感覚ってあるじゃない。それが何であれ。僕にとってはそれが、テトラであり、エーハイムだったのよ。

 いや、他にも色んなジャンルのパンフレットを集めてたけど、そこに触れると壮大な脱線が始まっちゃうからさ。つづくからさ。
posted by 篠田 青 at 00:24| Comment(0) | いきもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。