2018年03月20日

妻の少年時代

 何だこのタイトルは、とお怒りの方。そもそも「少年」という言葉は男女の区別なく用いられて、違う違う、そういう話じゃなくって。

 『サンライズ ロボットアニメ大鑑』というCDがあって、それがかかっていることが多いのよね、我が家は。……ひとりでに。ギャーッ。

 いや、だから、そういう話でもなくって。

 サンライズというアニメ制作会社がありまして、そこの作ったロボットアニメの主題歌がずらーっと収録されておるのです。ガンダム以外のね。

 やたら勢いのある、無闇に元気の出るような曲がいっぱいあるんで、出かけるときなんかにいいんですよ。

 で、妻がまた、そういう音楽が好きなんですな。

 他にもウルトラシリーズとか、仮面ライダーシリーズとか、メタルヒーローシリーズとか。本編はおろか、ビジュアルすらろくに知らないまま、歌だけ知っているようなのがもう、山ほどある。

 で、最近は『聖戦士ダンバイン』関連の歌がお気に入りらしく、「ダンバイン」という名前さえも聞き取れないまま、干からびた干からびたと歌っているわけでございます。

 そういうブームがこれまでにもたくさんあって、妻の無自覚替え歌の方が頭にこびりついちゃって、本物を聴いたときに「あれ、歌詞が違う」とか思っちゃうことも。何だろうねこれ、方言がうつっちゃうみたいなもんかね。

 それでもまあ、この手の歌を幼稚だの気持ち悪いだの、ハムスターがノイローゼになるからやめろだのと疎まず、喜んで聴いて盛り上がってくれてる妻っていうのはね、ありがたいよなあと思うわけです。
posted by 篠田 青 at 00:30| Comment(0) | アニメ・特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。