2018年01月21日

癒やしの部屋 〜巣箱4〜

 「せっかくの一人暮らし! 癒やしの空間にしたいわっ」と、アロマとかお香とかで部屋を満たしているあなた。おめでとうございます。今やもう、あなたのお部屋全体が巣箱!

 理屈としては「香水の使い方」と同じようなもんですけどね。好きでやってることだから、見ず知らずの僕に言われたところでまあ、むしろ意地になって続けることでしょうわはははは。

 好きな香りで満たされたあなたの自慢の空間。そこを訪れたお友達もね、入ってすぐ「うわ、何この匂い」とは言わないと思うんですよ。そういう人だから二人はお友達なわけで。うん、いーい話。

 だけど「この匂いが嫌だとは言えないな」みたいな見えない距離感が生まれてね、ちょっとずつちょっとずつ、疎遠とは言わないけど、前とは違う関係になったりして。色んな人の「言えないな」が重なって、マイルドに孤立していって、人間じゃないものとの縁ばっかり深まっていったりして。

 「好きでやってること」が「こんな風になりたかったわけじゃないのに」に変貌しちゃうことは結構多い。四回にわたって書いてみたけど、巣箱ってそういうことよ。取り返しがつかないってわけじゃないからね。これ読んで気づければラッキーよアナタ。
posted by 篠田 青 at 23:33| Comment(0) | 精神世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。