2017年11月19日

初代バルタン星人はセミ人間の改造ではない

 かもしれない。

 バルタン星人シリーズ書いてて、「怪獣図鑑を持っていない今」への疑問ティックが止まらなくなったので、講談社の『円谷ヒーロー ウルトラ怪獣全史』と『決定版 全ウルトラ怪獣完全超百科 ウルトラQ〜ウルトラマンパワード編』を買った。

 前者はどちらかといえば大人向け、後者は子ども向けって感じ。いやあ、この組み合わせは正解だったなあ。

 おっと、いかんいかん。

 正解よりも、不正解の話をせねばならんのです。

 『怪獣全史』を読んでびっくり。「初代バルタン星人はセミ人間の改造とされてきたが、新造スーツであることが分かった」というようなことが書かれているではありませんか!

 あんだけ書いたんだから動いてるセミ人間もちゃんと見ないとな、と『ウルトラQ』を見始めてはいたものの、第一話からきちんと見てしまう(なかなか第十六話に到達しない)僕のこの生真面目さよ。いやいやいやいや、違う違う違う、なぜ自分を褒めるのだ少なくとも今回は駄目だ。

 古い話だからね。記録よりも「関係者の証言」が根拠になることが多いわけで、改造とか新造って話にも色んな解釈があるだろうしで、断定すること自体が難しいんだよね、きっと。

 とはいえ。当ブログのバルタン星人シリーズも「初代バルタン星人はセミ人間の改造」という前提で書いちゃったけど、「2014年に出た本には、新造という話が載っています」という情報を追加するくらいのことはしなきゃね。
posted by 篠田 青 at 19:04| Comment(0) | デザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。