2017年10月31日

本人ノリノリなんだけど

 恥ずかしくて見てられないってことがある。

 それも含めて本人ですっていうスタンスなら、それは自然と「こっちも恥ずかしいけど面白いから見る」。

 そうじゃないやつ、もうほんと、恥ずかしくて無理むりムリってやつはもう、スタッフが無能。

 日本人は結構、「味」で片づけるのよね。「いい役者さんだと思います」みたいなゾーン。誰だお前は。

 いや、愛されればそれが実力で需要があって商品で、それはもうそれでいいんだけどさ。

 「こういう曲調は初めてなんで、思い切って衣装もこんな感じにしてみましたっ」

 いやいやいやいや、誰も止めなかったのそれ! それ着るなら、動きも変えようよ!

 その人にその服を着せるなら、着こなせるようにサポートしろよっていう。その人が恥ずかしく見えるってのは、そんな形でしか送り出せなかったスタッフの恥なのよ。

 一流の歌声に見合うだけのビジュアルを、本人がきちんと選べるとは限らないじゃない。本人主導で作ったミュージックビデオが、びっくりするくらいつまらないとかさ。そんなんばっかりじゃない。

 アーティストのレベルを厳しく、客観的に見定める。それがスタッフのプライドなのに、苦笑しながら突っ込んで終わりみたいなね。悔しさに唇噛んで血を流して、誰かから指摘されるまで気づかないくらいしなさいよ。

 周りのスタッフがそんなんなら、アーティスト本人も「あっ、自分は超一流になりたいんだった!」って気づきなさいよ。

 そうは言ってもあれか! 色々あるか! ま、それでも地球は回るからね!

 (※「いや、でももっと上、超一流を目指したいです」っていうアーティストや関係者の方、この記事へのコメントか「メンタルのための仁術」からご依頼ください。)
posted by 篠田 青 at 01:08| Comment(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。