2017年10月09日

かす巻のチェリー、いや、豆情報

 あらゐけいいちの『日常』に出てくるはかせばりに「もうそんなにいらないかも」みたいな感じになっていた妻ですが、僕が二回目のかす巻をおいしそうに始めていたのを見て、自分もと出してきました。

 ざらめたっぷりの端っこじゃない、普通のバランスのかす巻はおいしかったそうですよ。

 二人ともおいしかったとなれば、オフィシャルな情報が欲しくなります。というわけで、調べt

 ……これさあ、こういうの書こうとしたら「調べてみました」的なフレーズになるじゃん。まとめ風になるから使いにくいじゃん。まとめって本当に邪魔だよなあって、パロディなんか書くんじゃなかったよ。

 ええと。

 藤田チェリー豆総本店のサイトオンラインショップを見てみますとですね、非常にその、実直と申しましょうか、謙虚というか、能書きみたいなものがない。実に淡々と、小豆あんの他に白あんがありますよみたいな、ししし白あん! ぼぼぼぼぐじろあん大ズぎぃぃぃぃぃぃぃヴェロヴェロォなあめたァアアイ

 おっ、おほんおほんおほほほーん。

 かす巻の能書き的なことはですね、「e- ながさきどっとこむ」というサイトにきちんと以上の何かが載っておりますので、そちらをぜひご覧いただいて。

 カステラのおいしさを構成する要素、その配分をちょこっとずつ、ときに大胆にずらしたのがかす巻! ってな感じ。カステラについてるあのいじらしい紙、あの要素がかなり強めに出ていて、しかもぜーんぶ食べられるっていえば伝わるかなあ。間違って食べちゃった場合の紙の繊維っぽい感じまでもが小豆の皮にしっかりと反映されて。何書いてんだ僕。
posted by 篠田 青 at 22:52| Comment(0) | 食べもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。