2017年07月07日

おにぎり、気と衛生:(おにぎり)

 みんな好き おにぎり、おむすび、 握り飯。

 広辞苑で「おむすび」って調べたら出て来たんで書いてみたんですけど、握り飯って聞かないですね、最近。「あ、ちょっとコンビニで握り飯買ってきて」みたいな。「めし」ってお前。粗野か。

「メシ食おうぜ」って言われると食欲が消え失せるのは僕だけですかね。潔癖っぽいですかね。

 あっ、そうそう(大声で手を叩いてパーン)、潔癖っていえばね!

 おにぎりを透明な手袋でにぎる、みたいな光景。あれもう、すっかり当たり前っぽくなってきましたね。あと何? 「おにぎらず」? 誰だお前。らずじゃねんだよ、おにぎれよ。

 おにぎり汚いみたいなこと言う奴は死nおほんおほん、おほほほーん。

 誰かを思ってにぎるおにぎりは美しいんです。

 今日は七夕。夜空を見上げてつぶやいてごらんなさい。

「誰かを思ってにぎるおにぎりは美しい。」

 ほーら、涙が出てきたでしょう。

 子どものために母親がにぎる、夫のために妻がにぎる。そういうね、顔の見えるおにぎりは食中毒とは無塩、あっ、そうそう塩。

 にぎるときにね、手に塩するでしょ。味がどうとかじゃなくて、あれお清めでね。塩は良いもの、誰かを思う気持ちと結びついて、おにぎりを気力充実スーパーフードに昇華させるんですね。

 殺菌とか消毒とか、そういうこと考えながらにぎると駄目です。

 あーちくしょう、めんどくせえなあって考えてたら駄目です。

 仕事としてにぎるおにぎりとか、誰かのためににぎったのに、横取りされるかもしれないおにぎりとか、そういうのはまあ、透明な手袋を使ってもいいかも。

 シンプルな料理ほど、腕というか、気持ちの違いが出ます。顔が見える料理っていうのは凄く大事。おにぎりなんて料理じゃないよという奴は死nごほんごほん。
posted by 篠田 青 at 20:16| Comment(0) | 食事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。