2018年07月08日

ダブルソーダ!

 アニメ『ゾイドワイルド』を見ていたらクワガタムシ的なゾイドが出てきた。

 妻から「これもあったの?」と聞かれて「いや、これは新しいやつだけど、昔も似たようなのはあったよ。何だっけな」という流れになった。

 持ってはいなかったけど、あの頃のかっこいいパッケージは頭に浮かんでいる。

 何だっけ。

 ビーファイター、いやいや違う、よく知らないし。

 ガタック。色は似てるけど仮面ライダーだしバンダイだし。

 何だっけ何だっけええっと、カブトムシ型の方は弟が持ってたけどそれ思い出してもしょうがないしええっと。

 ダブル。

 そうダブル。

 ダブルダブル。

 ……ダブルソーダ!

 ダブルソーダだ!

 そうそう、ダブルソーダダブルソーダ。わはははは。

 凄いな、よく思い出したな僕。買って持っていたならともかく、持ってもいないのに。

 青いし、名前も好きだったんだな。

 確認するために検索してみたら、二つに割れる氷菓が出てきちゃったけど。

 ゾイドワイルドが流れてる我が家で、一番盛り上がった瞬間でございましたとさ。
posted by 篠田 青 at 00:20| Comment(0) | おもちゃ

2018年07月07日

ゾイドワイルド

 アニメ『ゾイドワイルド』が始まったので、録画して見てみた。ここであれだけネタにしてるしね、ゾイド。

 「えっ、何、ゾイドのアニメなんてあるの?」

 居合わせた妻もちょっと興奮。日頃あれだけ聞かされてるしね、ゾイド。

 しかし、ゾイドワイルド。

 ゾイドワイルドよ。

 妻を3分と引き留めておけなかったな。オープニングから数えてだから、本編だけなら1分半だ。七夕ならではの計算された作りなのか。織姫と彦星は一年に一度だから30分枠なら5秒も持てば充分かいやそんなことより合ってるのかこの計算は。

 『アンドロメロス』かゾイドワイルドかって世界だよ。「ぼ、僕が好きなのはこれじゃなくって」っていう手間をどうしてくれるんだよ。

 ってなりそうなことは承知の上で見てみたし、「今の子どもたちにはこういうのが受けるのかな」って思いながら見届けたけどさ。

 今の子どもたちはあれかい、想像を超えたものを欲しがってはいないのかい。
posted by 篠田 青 at 23:49| Comment(0) | おもちゃ

2018年07月06日

好きすぎる言い回し

 六月二十四日に「ルバーブジャム補足短く」って記事を書いたんだけど、四月二十八日にも「補足短く」って記事を書いてたことに気づいた。

 ええっと。次は八月二十六日くらいですかね……。
タグ:自責の念
posted by 篠田 青 at 19:06| Comment(0) | 日記

2018年07月05日

偉大なる過ち

 過ちっていうと大げさな感じもするけど。「清清しい」を読めない人って結構いる。二十年くらい前にも、テレビ番組でミュージシャンが「きよぎよしい」って言ってるのを聞いてね。自分の年収が低すぎるかもしれないと口を押さえたくなるような(これ、僕が思い浮かべてる顔と読者に浮かぶ顔が一致してるとは限らないよね)ショックを受けた。

 当時はインターネットも今みたいに普及してなかったし、その人のその間違いが新聞やらワイドショーやらで大きく取り上げられることもなかった。

 旬の人、注目される人物が読めないことで、同じように読めていなかったたくさんの人たちが気がつける。

 偉大な間違いだなと思う。

 僕なんかもつい「うわーこんなのも読めないの」って反射レベルで思っちゃうけど、普段から間違いを恐れないこと、間違いをすぐに認めることの方を取り込みたい。

 ワールドカップ優勝が目標だと言い続けたことも素晴らしい。

 漢字が正しく読めなくっても、言いたいことが分かるんだからそれでいい。何とかなる。

 イタリア語とかスペイン語が話せる方がずっと大事だろうし。

 彼からサッカーを教わったとして、どれだけ正しく覚えられるだろうか。特にサッカー好きじゃないっていう立場で。

 本当に恥ずかしいことって何なんだろうと考えさせられる。

 他人に期待されることよりも、自分に期待することの方が大事なんだよね。

 「お恥ずかしい」って言うことも、「もうしっかり覚えました」って言うことも立派だと思うよ。本田圭佑選手。
posted by 篠田 青 at 14:09| Comment(0) | 日記

2018年07月04日

アンドロ好き

 「アンドロメロスかっこいい」の中には、「名前が」っていうのも大きくあったと思う。

 アンドロ。オスカロ。間違えた。アンドロメロス、ウルフにマルス、ついでにフロル。いや、子どもの頃から女戦士が好きだったらやばくない? あ、この発言の方が問題ですかそうですかこれはどうもすみませんね。

 アンドロだけでもかっこいいのに、メロスもウルフもマルスもまあフロルも(反省の様子が見られません)、ウルトラにはなかった感じの名前でね。

 後になって激怒したことで有名な方のメロス(『走れメロス』ね)を知って、何か微妙な気分になったけど。月日が経つにつれて微妙になる一方だからいいんだ、もう。

 アンドロっていう響きへの憧れというのかね。もうほとんど、刷り込みに近いレベルで刻み込まれてて。

 スマートフォンの時代になって、一度もiOSを所有せずにいるのはそのせいもあるのかな。

 「Android」っていう名前を知ったときにもう、使いたいわーって思ったもんね。

 『アンドロメディア』っていう映画を知っても、見に行きたいわーとは思わなかったけど。あれかな、アンドロ過ぎてメまで行っちゃうと、メロスしか受け入れられない体質なのかな。うんうんそうだ、きっとそう。
posted by 篠田 青 at 13:15| Comment(0) | アニメ・特撮