2018年06月04日

ブラック悶ブラン

 そういえばこの間、妹の家に遊びに行くまでに食べ歩こうと買ったブラックモンブランの棒に「当たり」表示があって驚いた。

 「よっちゃんいかの当たりがなくなる」とかいうニュースもある中で、当たり外れみたいなことを気にしなくなっている自分がいて。そんなもんないだろうと思い込んでというか、気にもせずに食べてたブラックモンブラン。妹の家に着くまでに全然もう、まるで食べ終わらなかったブラックモンブラン。

 「それ当たりじゃない?」と妹に聞かれてもピンと来なかったけど、当たってみればうん、嬉しいね。

 当たりにも二種類あって、1,000円分のクオカードが一等的な感じ、僕のは500円分の図書カード。

 これはあれですよ、天の神様が本を読めとの仰せですよ。雰囲気出るから薪も背負って街に出よとの仰せですよ。

 なーんてことを考えてたら、応募要項を読んでた妻が一言。

 「500円の図書カードのために、凄い手間だねこりゃ。」

 お、お、おのれ現代的民主主義的そのえっとあれだ市場経済のごんごんごんごんごんぎつねっ。

 そんな妻は僕よりずっとお金が上手なので、黙っておとなしく山へはばかりに節子節子それおはじきやないか。
posted by 篠田 青 at 00:25| Comment(0) | 食べもの