2018年06月03日

アイスの棒哀歌

 妻に必要だったのは
 アイスじゃなくて棒だった
 まとまった数を欲しがった
 一日三本ならいける
 好きなアイスを思い浮かべた
 何日かかるか考えた
 僕はもちろん待てますね
 妻は絶対待てません
 できればしたくないのにと
 例のところに打ち込んだ
 こんな言葉でいいのかと
 「アイスの棒」と打ち込んだ
 妻のためだと仕方なく
 アイスを食べ続ける夢は
 跡形もなく溶けたとか
 そんな結びはいらんのじゃい
posted by 篠田 青 at 23:51| Comment(0) | 日記