2018年06月30日

若大将のライバル・前編

 横を歩く妻が「あっ!」と叫んで前方を指さした。

 するー、するー、するー。

 歩道を横切ろうとしていたのはアオダイショウでございました。

 横切って小さなお堀に向かおうとしていたのが、妻の叫びに驚いて逆戻り。

 そこそこの高さの石段など物ともせず、植え込みの方にするするするー。いやあ、凄いね。ヘビの動きって。

 動きだけじゃない。動きなんてよく知らない子どもの頃から、描きやすいっていうのもあって大好きだ。

 恐竜が好きだと、哺乳類よりも爬虫類が好きになる。いや、他の人は知らんけど、僕はそうだった。恐竜はいないんだから、恐竜に近いものってことで。

 そうなると、当時は鳥じゃなくって、現生爬虫類になるのよね。ワニとかトカゲのがそれっぽいんだろうけど、何だろうな。鱗の感じがね、ヘビのが好みだった。つややか、滑らかみたいなのが好きだったんだね。しつこいようだけど、描きやすいし。自分で再現できるっていうのは大事なんだよ。

 自分の絵に近いものを好んだとも言えるね。いやあ、これは問題あるなあ。そんなもんかね、子どもって。そんなもんか。

 だけどまあ、シンプルなヘビだとさすがに寂しくて、デザイン的にコブラとか、大きさでアナコンダとかが好きだったな。大きさならアミメニシキヘビでもいいだろ、っていうかいやむしろって意見はあるでしょうが、色が好みじゃなかった。バーン(強調の効果音)。そしてつづく。
posted by 篠田 青 at 23:27| Comment(0) | いきもの

2018年06月29日

おねば

 ご飯炊くじゃん。

 しゃもじでこう、底から混ぜるじゃん。

 しゃもじに何かしらつくじゃん。

 それ見ると自動的に「おねば」って浮かぶんだよね。

 で、何かちょっとイラッとすんの。

 毎回そうなの。

 こういうさ、自分で浮かんで自分でイラッとするっていうサイクルって何なんだろうね。
タグ:連想
posted by 篠田 青 at 23:45| Comment(0) | 思いつき

2018年06月28日

63センチではない

 全然知らない家に帰って、「おや、ぐっすり寝ちゃってたみたいだ」と目覚める夢を見た。

 やはり知らないリビングに出て行くと、水槽が取り付けられている。

 「ああ、妹も帰ってたのか。水槽設置したんだな」と思って近づくと、壁にL型の棚受けを打ち込んであって、そこに水槽が直接載っているだけという恐ろしい作り。

 「うわ、これ駄目だろ」と言って、どうしたらいいか物凄く慌てて考える。

 またね、水槽が大きいんだ。

 「これ90センチ水槽だよな」と、初めて扱う大きさだから余計に戸惑う。憧れのサイズではあるものの、起きて急にあると困っちゃう。

 でも測ってみたら630ミリで、「あ、意外とそんなにないのかー、でも630かー、これはこれで半端だなー」と困ったまま、解決せずに目が覚めた。

 ここのところ、妹が絡むと夢に具体的な数字が出てくるのはなぜなのか。
タグ:水槽 熱帯魚
posted by 篠田 青 at 00:54| 精神世界

2018年06月27日

ティドマス機関庫

 「ティドマス機関庫」って聞くたびに「リトマス試験紙」って浮かんじゃうの、僕だけなのかな。

 あ、『きかんしゃトーマス』に出てくるやつね。「汽車のえほん」には出てきてたかな、そういう固有名詞って。せっかく持ってるんだから読み返せばいいか。検索はしないぞー。

 で、リトマス試験紙の後に「リトマース」って続くまでがセットなんだけど、ここまでくると「僕だけ率」がかなり上がりそう。
posted by 篠田 青 at 00:29| Comment(0) | アニメ・特撮

2018年06月26日

チキンカレー

 つづき。

 改めてメニューを見返すと、

十三穀米と
夏野菜のスパイシー
チキンカレー

 という表記。三行に分かれている。こうして見ると、僕が試した「スパイシーチキンカレー」という区切りは論理的であるようでいて、ただ後半部分を読み上げただけという、非常に勝手な略し方だったかもしれない。

 うん、いかん。いかんなこれは。きちんと読み上げたいとか言っておきながら、後半だけ言ってみるっていうのはいかにも工夫がない。何者になりたいのかも不明である。

 どういうサービスを提供するかを決めるのは、客ではなく店なのである。原則。

 ということは、ガストが三行に分けて表記している意味を考えねばならんのである。デザイン上の都合でしょそんなのと考えることは禁じられているのである。

 全部読み上げるか、二行目からか、三行目からか。そこにしか正義はないのである。二行目の途中からなんてのはもう、言語道断。悪であり、出禁なのである。

 来る日も来る日も同じ注文。「チキンカレー」というあだ名がつけられているかもしれない。全部読み上げるからむしろ、「十三穀米」と呼ばれているかもしれない。

 このように増していく緊張があるのだから、僕の側には「同じ注文」などという軽さはない。

 覚悟をもって、しかしそれは客の勝手な重さであるからあくまでも、あくまでも普通っぽく、「チキンカレー」と言ってみた。

 「チキンカレー」と返ってきた。これでいいのだ世界は今日も平和だ民主主義万歳京のおばんざいってなあに僕はカレーが今日のおばんざいって使い方合ってんのこれと思えた。

 誰だサブタイトルでオチ分かっちゃいましたとか言ってんのは出禁にするぞてめえ。
posted by 篠田 青 at 01:04| Comment(0) | ファミレス