2018年01月23日

声に出して読んでもらいたい造語

 あんだけ巣箱巣箱書いてたもんだから、いやそらもちろん自分でね、勝手に書いたわけだけど。「巣箱」をもうね、用語にしたいなーと思うわけ。

 で、「巣箱を設置するような行為」のことをね、「すば行為」と呼びたいという衝動にも駆られるし、実際、シリーズ執筆中に自然に、ごく当然のように書いちゃおうかという誘惑と闘ったりもしてたんだけどさ。

 言うのはいいんだけど、書くとまーあかっこ悪いんだよね。「すば行為」。「スバ行為」、「巣ば行為」、「巣箱う為」。「巣箱ーイ」……。「巣箱行為」で「すばこうい」と読ませるとかもうね。

 だからやめたの、あたし! ぜーんぶやめちゃった!

 これが若い頃の牧瀬里穂の声で読めてしまったあなたは、デイリークイーンのソフトクリームのおいしさが忘れられない人です。
posted by 篠田 青 at 23:59| Comment(0) | 思いつき

2018年01月22日

声に出して言いたいゾイド

 ビガザウロ!

 どうやって思いついたんだろうなー、ビガザウロ。
posted by 篠田 青 at 23:41| Comment(0) | 思いつき

2018年01月21日

癒やしの部屋 〜巣箱4〜

 「せっかくの一人暮らし! 癒やしの空間にしたいわっ」と、アロマとかお香とかで部屋を満たしているあなた。おめでとうございます。今やもう、あなたのお部屋全体が巣箱!

 理屈としては「香水の使い方」と同じようなもんですけどね。好きでやってることだから、見ず知らずの僕に言われたところでまあ、むしろ意地になって続けることでしょうわはははは。

 好きな香りで満たされたあなたの自慢の空間。そこを訪れたお友達もね、入ってすぐ「うわ、何この匂い」とは言わないと思うんですよ。そういう人だから二人はお友達なわけで。うん、いーい話。

 だけど「この匂いが嫌だとは言えないな」みたいな見えない距離感が生まれてね、ちょっとずつちょっとずつ、疎遠とは言わないけど、前とは違う関係になったりして。色んな人の「言えないな」が重なって、マイルドに孤立していって、人間じゃないものとの縁ばっかり深まっていったりして。

 「好きでやってること」が「こんな風になりたかったわけじゃないのに」に変貌しちゃうことは結構多い。四回にわたって書いてみたけど、巣箱ってそういうことよ。取り返しがつかないってわけじゃないからね。これ読んで気づければラッキーよアナタ。
posted by 篠田 青 at 23:33| Comment(0) | 精神世界

2018年01月20日

巣箱3

 ……いや、書くつもりじゃなかったんだけどね、「巣箱3」は。前回ああやって締めたら何だろう、逆に書いた方がいいのかなって。

 だからってあれだよ! 書くからには真面目に書くよ!

 ええっと。

 そうそう、以前「便所の100ワット」って記事でも書いたけど、照明は役に立つよ。巣箱を作らないようにする助けになったり、家の空気を変えたり。カーテンとか家具の配置を変えるよりも大きな、ポジティブな変化をもたらしてくれる。

 憑きやすい人の部屋は「あー、やっぱりな」って思うような感じの明かり。まあ、憑く憑かないに関係なく、照明に無頓着な人の方が多いんだけどね。

 お祓いとかやってもね、帰ってくる部屋は同じでしょ。まあ、家に呼んでお祓いしてもらうとか、お札貼るとかもあるけどさ。やっぱり「どう暮らしていくか」の方が大きいわけ。根治のためには。

 まあ、定期的に治療や薬を欲しがる人の方が商売としてはありがたいし、経済を回すという、お馴染みの話になってまいりますが。

 あなたの心だけでなく、あなたの部屋そのものが巣箱になっていませんか……? とかいう怖がらせサイト作れば儲かんのかなヒヒヒ。
posted by 篠田 青 at 22:03| Comment(0) | 精神世界

2018年01月19日

巣箱2

 前回の「巣箱」っていうサブタイトルさ、ホラー小説とかみたいで怖いよね! で、今回「巣箱2」って付けてみたらさ、駄目な続編っぽいよね!

 以前っていうか、だいぶ前に「ホラー映画のラスト」っていう記事で書いたんだけど。あの「終わってないんじゃないこれ?」っていう安定の不安感は、巣箱を置いてしまうその人の心の習慣がね、何一つ変わっていないからなんだよね。まあ、僕の場合は少なくとも。

 「悪い家に住んでしまった」んじゃなくって、どんな理由であれ、そこをいいと選んでしまった心に問題がある。ブームなのかよってくらい事故物件って言葉が出回ってるような気がするけど、事故物件自体にそんなね、大したエネルギーはないんだよ実は。住む人との相性みたいなもんはあるとしても。

 普通に住んだり、模様替えしたりすりゃ平気。だけど、そのときにね、気分を先に変えないといけない。気分を変えたいからカーテン変えようっていう順番がね、どのくらいの深さまで浸透してるかが問題なのでございますよヒヒヒ。

 えー次回、待望の「巣箱3」が……。
posted by 篠田 青 at 01:49| Comment(0) | 精神世界