2017年12月21日

体重と身体の重さ

 プロでもプロでなくても、「ベストな体重」を把握している人は多い。

 パワーをつけるために増量する。キレを取り戻すために減量する。前者だと「身体を大きくする」と言ったりするのに、後者を「小さくする」と言わないのはなぜだろう。まあいいか。

 体組成計も普及して、体重だけの話っていうのも少なくなっているとは思う。それでも、そこに表示される数値だけを目標にしてしまうと間違えるというか、失敗する。

 「身体が重いとき」でも書いたけど、ご飯とパン、各種麺類をひとくくりに「炭水化物」だとか糖質として扱うような食事はいけない。栄養士がついてるとか、奥さんが資格を持ってるとかいうのも、役に立たなかったり、実は物凄く足を引っ張ってしまったりする。

 食が「数値を実現するための材料」になってしまうと、その身体づくりは失敗する。

 同様の理由で、サプリメントをじゃらじゃら飲むようなコンディショニングもうまくいかない。摂り始めると癖になるというか、摂らないと不安になってしまうけど、だからこそ僕としては薦められない。

 毎日水を何リットル飲むとかも違う。

 数値目標ってのは分かりやすいし、共有しやすい。提示する側と実行する側との確認が容易だから、「やってますね」「やってるぞ」っていう安心感もある。

 食事制限とか体重制限とか、「制限」ってのはストイックな感じ、プロっぽい感じが出るから、本人も満足感を得やすい。日本人は特に、苦行が好きだしね。苦行やっとけば周りの人の目にも留まる。

 まあ、いかにプロといえども、見えないものを相手に戦い続けることは難しい。ただ、本人を動かすのはその心と身体であって、「気」とか感覚を磨くこと、その部分を共有できるスタッフを探すことが最優先なんだよね。

 それができている人が、結果的に「ほんの一握り」になるんだけど。

 (※その「ほんの一握り」に加わりたい方は、この記事へのコメントか『難病のための仁術』『メンタルのための仁術』の窓口からご依頼ください。)
posted by 篠田 青 at 00:47| Comment(0) | からだ

2017年12月20日

考える間もなく

 一昨日の記事を読み始めた妻がすぐに声に出した。

「シャーロット?」

 妻に聞けばすぐに分かるけど、聞かずに思い出そうとか、読んだら「で、思い出せたの?」とか聞かれるかなとか思ったら、いきなり正解だけ聞こえてきた。

 フハッ。
posted by 篠田 青 at 23:43| Comment(0) | 日々

2017年12月19日

身体が重いとき

 何かだるいなーとか、身体が重いんだよなーということはきっと、誰にでもある。

 僕の場合、小麦粉を摂りすぎると重くなる。ご飯が続いても重くはならないけど、パンとか麺が続いてしまうと重ーくなる。

 小麦だけ、小麦粉だけを食べるってことは少なくて、ほぼもれなく油脂分がついてくるのも一因ではある。とは思う。でも、それが全てではないことも感じられる。

 糖質糖質と騒がれているけど、特定の栄養素だけで語れることは少ないし、「科学で証明された」からといって、目には見えない栄養素を見えたつもりになってしまうのは危ない。

 共有される文字情報が増えすぎて、感じる力っていうのが急速に失われている。

 だから、絵とか動画がコンテンツとして、特に若年層に人気なのは自然なことというか、少なくとも悪いことばかりじゃないよなと思う。

 アスリートとかアーティストの体調管理は、パフォーマンスと収入に(あまりにも)直結するから、「業界御用達」な医者やトレーニング、食材の情報の共有が、ちょっと閉じたような、特殊な形でなされる。

 誰にでもある程度効果のある方法が確立されていく一方で、個人に最適な方法が見落とされたり、不当に過小評価されたり。

 結局のところ、口コミはもう、口コミになった時点で最先端ではないし、独占できるお得な情報でもない。

 長く一流であり続けるアスリートやアーティストは、心や性格に合った柔らかい情報を見つけたり、選んだりできる。それもまた才能だと言ってしまえばそれまでだけど、雑音の絶対量自体が増えてるんでね。邪魔する奴が多すぎるんだよなと思わされる。「見つけてくれよ!」と願う。

 (※柔らかい情報を必要としている方は、この記事へのコメントか『難病のための仁術』『メンタルのための仁術』の窓口からご依頼ください。)
posted by 篠田 青 at 01:19| Comment(0) | からだ

2017年12月18日

SATC

 キャリー、サマンサ、ミランダ、……、……、……、ええーっと?

 あと一人が思い出せない。調べりゃいいけど、一度は覚えたはずなんだから思い出したい。

 寝る前に気になっちゃったもんだから、羊の数を数えるような感じ(数えたことはないし、あれ日本語だと意味ないとかいうけど、それも無粋な気がする)で色んなカタカナ名前を思い浮かべてみる。

 スミロドン、ミロガンダ、アレクシア・アシュフォード。

 どうしてこう、偏りがあるのか。

 我ながら呆れぐーぐーぐー。

 思い出した!

 っていう夢を見たけど、起きたら全然思い出せてなかった。
posted by 篠田 青 at 23:06| Comment(0) | 日記

2017年12月17日

説明したい病

 昨日の記事のサブタイトルなんですけど。

 あれで「ふるうつ」って読むんです。

 もちろんね、賢明な読者の皆さんはお分かりだとは思うんですよ? でもほら、念のためっていうか、こんなアタイでもね、みんなで微笑みたいって、そんな風にね、思ったっていいじゃないですか。
posted by 篠田 青 at 12:56| Comment(0) | 日記