2017年12月31日

絵で振り返る2017・後編

 大晦日に絵を描いてるなんていつ以来だろうなと、年賀状をせっせと書いてた頃を思い出しておりました。大晦日に書いてちゃ届かないんだけどね、元旦には。

 冬休みに降る雪なんてファンタジーだと思ってたな、あの頃は。2017年、大晦日の東京に初雪ですってよ奥さん。
大晦日に初雪.png

 どう、この振り返り感。
タグ:水木しげる
posted by 篠田 青 at 17:00| Comment(0) | 日記

2017年12月30日

絵で振り返る2017・中編

 あっ、「絵で振り返る2017」って書くと世相とか斬るっぽいね。斬らんよ世相なんて。

 水木しげるネタもちょこちょこありますね、このブログ。三つ子の魂百まで、ですね。

 霊毛とか書いてたらすぐに「水木しげるさんの兄亡くなる」ってニュースがあって驚いたなあ。

 ウルトラも兄弟、水木さんとこも兄弟。じゃあ弟の絵も描いておこう。

弟.png


 水木風じゃないんかーい。

 弟は別にね、水木さんのキャラクターに似てるって言われたことない(と思う)んでね。画力はさておき、あれですよ。そういうとこは真面目にやってますよ僕は。

 あ、この肖像画を見て「タイプだわ」と思った女性の方はですね、この記事へのコメントで連絡してください。
タグ:水木しげる
posted by 篠田 青 at 16:25| Comment(0) | 漫画

2017年12月29日

絵で振り返る2017・前編

 もうそのね、今年はやたらバルタンバルタン言ってたような気がします。初代だ二代目だって、この先も言うなら絵で少しでも説明できたらいいなと思ってね。だってあんだけだらだら書いて、大して中味ないんだもん。

 で、例のね、『円谷ヒーロー ウルトラ怪獣全史』と『決定版 全ウルトラ怪獣完全超百科 ウルトラQ〜ウルトラマンパワード編』を見ながら練習してみたの。

バルタン星人(初代).png


 かわいくない?

 初代が人気あるの分かるわー(笑)。二代目はかわいく描けなかったもん。
posted by 篠田 青 at 16:06| Comment(0) | デザイン

2017年12月28日

怖かった絵

 子どもの頃、ケイブンシャとかコロタン文庫とかも愛読書だった。小さくて厚い、子ども用の豆図鑑みたいなもの。

 その中に妖怪百科的なのもあって、「水木しげる以外の妖怪はすべて偽物」くらいに思って、どこか馬鹿にしながら読んでたんだけどね。

 見開きで出てきた「提灯お岩」がもう、すんげえ怖くて。怖すぎてパタッて閉じちゃった。

 怖いものが好きで、耐性もかなりあったと思うんだけど、それでも閉じた。

 以後、そのページは避けて読むようにしてたくらい怖かった。

 提灯っていうよりお岩さん寄りのリアル。だったと記憶してるんだけど、怖くてろくに見てないからね。

提灯お岩.png


 今見ても怖いのかなって、インターネットの時代になってから検索してみても出てこない。間隔空けて何度も探してるんだけどね。

 そもそも、どの本に載ってたのかとか、正確なことを一つも覚えてないからなあ。

 生意気な子どもに衝撃を与える一枚。そんな作品は使い捨てにされずに、色んな妖怪本に使われ続けていてほしい。僕も探し続けるから。
posted by 篠田 青 at 16:36| Comment(0) | 漫画

誰だお前

 NHKの大河ドラマになるからか、あちこちで「西郷さんは例の銅像とは全然違う人だった」みたいな話を見聞きする。

 確実な資料が残っていないからこそ、どのくらい違ったんだろうなという興味をかき立てられるわけで、それもまた歴史ロマン的な話なのかなと思う。

 確実な資料が存在するにもかかわらず、どこからどう見ても適当に作られた立像にロマンなどない。

 東京ドームシティで見るたびに思う。

誰だお前.jpg


 誰だお前。

 このレベルのガンダムやユニコーンガンダムがお台場に立ってたら、怒る人いっぱいいるだろうに。ウルトラマンなら誰も怒らないだろうと思うから、この程度で済まされるのか?

 姪には以前、「こんなものはウルトラマンじゃないから、写真なんぞ撮らんでいい」と言ったんだけど通じなかった。もう全然、まるっきり一ミリも通じなかった。彼女はゼロが好きらしい。その母親は昔、「ウルトラマンゼロ! セブンの息子だ!」っていうCIMを見て「うっそだあー」と言っていたというのに。
posted by 篠田 青 at 13:38| Comment(0) | 日記